Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

Winny開発者逮捕に関する雑感と警察への反感。

5月10日にWinnyの開発者が逮捕されてから、自分なりに考えた意見が情報収集などによってある程度固まったので、この件について書いて行きたいと思います。

まず、自分はWinnyを使ったことはないですし、どんなモノであるのかという認識も「市販のゲームやTV番組を無料でダウンロードできるらしい」という噂を聞いたぐらいのものでした。 一応、自分も法律を学んでいるので、この噂を聞いただけでも上記の行為は著作権法に違反していることはわかりますから、Winnyについてはそれ以上の興味はありませんでした。

そんな状態で耳に入ってきたのが今回の件です。

まず、自分はWinnyについて調べてみることにしました。ネガティブな記事は新聞記事を中心に山のようにあったので、肯定的な意見のある文章を紹介しておきます。

くまをとる Winnyを肯定的に議論する

Winnyの開発経緯やインターネットの世界に与えた影響についてわかりやすく書いてあります。 次に、Winny開発者逮捕について、この問題についてよくまとめられているなと思った記事を紹介しておきます。

hirokiazuma.com/blog Winny開発者逮捕

自分もこの文章とだいたい同じ意見です。やはり、純粋に開発をしていただけで逮捕されるというのは幇助の概念を広げすぎていると感じます。開発そのものに違法性があるとすると、今後の科学の発展に大きな打撃を与える可能性もあります。

それに、輸入権の問題もそうでしたが、著作権という権利によって他の権利が侵害されているように感じます。確かに著作権も大事な権利ではありますが、もっと大切な権利が我々にはあるのではないでしょうか。
今の社会現状に対応していない著作権法はもう古いものなのかもしれません。

hirokiazuma.com/blog Winny開発者逮捕2

Winny開発者の逮捕もありえないものだと思いますが、今回のニュースは本当にショックです。ただ単にサイトでWinnyの使い方を解説していただけだというのに、まさに絶句です・・・・

それに、警察は各出版社が出しているWinnyの使い方ガイドについてはどうするんでしょうか? もし、弱い個人は摘発して、出版団体にはお咎めなしというのでは納得できません。


今回の件を通じて自分の中で感じたことは警察に対する反感です。

一部では今回の逮捕劇は、京都県警の情報漏えいの原因が職員がWinnyを使っていたということに対するその腹いせだという意見もありました。 警察がこんな対応をしているとそんな噂も事実のように思えてしまいます。

限りなく拡大された条文の解釈も、始めに逮捕ありきの思考によるものに思えます。というか完全に解釈の限界を超えていますがね。 今の警察は戦前の特高と区別がつかないような組織になってしまったのでしょうか。
law / politics | permalink | comments(0) | trackbacks(1) |

音楽関係者からの著作権法改定による輸入CD規制に反対する声明

私たち音楽関係者は、著作権法改定による輸入CD規制に反対します

もう既にいろんな方が紹介なさっていますがうちでも取り上げさせてもらいます。

もうだいぶ前からネットでは話題となってきただけに、正直に言えば遅すぎた感はいなめません。しかし、確かに少しづつ変わるだろうというような予感はしてます。 賛同者の中にも坂本龍一といった大御所や、小山田圭吾やくるりといった若い世代にも影響力のあるミュージシャンがいるのも心強いですね。

なお、5月13日(木)14時から記者会見が行われるそうです。詳しくはリンク先を参照してください。
law / politics | permalink | comments(0) | trackbacks(1) |

シンポジウム情報

前回紹介した「実態を知るためのシンポジウム」関連の情報が公開されています。

シンポジウムメモ書き(要点がまとめられています)
http://symposium.seesaa.net/

シンポジウムのテープ起こし
http://ccfa.info/yunyuuken.txt

自分のような洋楽愛好者には死活問題である輸入権問題についてのシンポジウムです。一応、自分も今までこの問題についていろいろ調べていましたけど、これを見て更に理解が深まったように思います。 それにしても、役人や音楽業界の連中は消費者を馬鹿にしすぎ。こんな法律なんて消費者団体の強いアメリカじゃ絶対通らないはず。

洋楽輸入盤が無くなったらマジに困るので皆様もこの問題に関心を持ってくださいませ。
law / politics | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

シンポジウム


選択肢を保護しよう!! 著作権法改正でCDの輸入が規制される?〜実態を知るためのシンポジウム
期日:5月4日(火曜日 祝日)
場所:新宿ロフトプラスワン
時間:午後1〜3時
入場無料/ドリンク代500円のみ御負担ください
司会進行:ピーター・バラカン
パネラー:
民主党 川内博史衆議院議員
音楽評論家/HEADZ代表 佐々木敦氏
輸入盤ディストリビューター、リバーブ 石川真一氏
ほか(現在、各方面の音楽関係者に打診中)
発起人:ピーター・バラカン、高橋健太郎
協力:藤川毅

この催しは三人の個人有志のみによって運営されます。いかなる団体とも無関係です。
このシンポジウムで輸入権問題がより広く認知されれば良いのですが。
law / politics | permalink | comments(0) | trackbacks(1) |

洋楽CD輸入禁止問題

   海外盤CD輸入禁止に反対するHP

こんなHPを見つけたので載せときます。
この問題について詳しいことはリンク先を参照して頂くとして、今回の著作権法改正はなんとしても阻止しなくてはなりません。

自分は以前からこの問題について関心はあったのですが、とうとう参議院で可決されたと知り危機感を強く持つようになりました。もし、衆議院でも可決されたらCCCDかつ高い価格の国内盤を買わされるという最悪の事態になりかねません。


しかし、なぜ音楽業界や政治家の連中はこんなひどい仕打ちをするのでしょう。CCCDのときもそうでしたが、みずから自身の首を絞めていることがわからないのか?

自分はただ純粋に音楽を楽しみたいだけなのに。


   海外盤CD輸入禁止に反対するBLOG

blogをお持ちの人は是非こちらのblogにトラックバックを送ってください。そして少しでもこの問題を知らせていきましょう。
law / politics | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー