Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

クロアチア戦について

何とか可能性だけは残った。

今大会は川口に何回救われたのだろうか。PKのときにNHKラジオの解説の小島さんが、今日はこれで川口の日になると言っていたけども、まさにその通りの出来だった。それに、中沢も最後のところで踏ん張ってクロアチアのシュートに体を寄せて完全な形では撃たせなかったことが運を引き寄せ、最終的に引き分けに持ち込めた要因になったと思う。

前半途中まではよくやっていたけど、1対1で負けだすとラインが下がる悪癖はこの試合でも見られ、それが相手にペースを与えるきっかけになってしまった。非常に暑い環境の中でクロアチアは、前からプレスをかけるときと、下がって相手のミスを待つ守備を巧く使い分けていた。それに対して日本はずっと同じように足元に繋いでいってしまい、クロアチアの網にかかってしまいカウンターを喰らう場面が目に付いた。中田だけはそれを察知して相手の裏をパスで狙っていたけども、周りとの呼吸が合わず誰も反応していなかった。この辺りの戦術適応力が日本は甘いのかなと思う。

チャンスはほとんどロングシュートだけ(柳沢のアレはクリアなのでチャンスの数に入らない)だった。玉田が抜け出した場面でシュートが力みすぎてダフってしまったのは残念。他ではサイドから頭を狙ったクロスがすべて精度を欠き、グラウンダーのボールには誰も反応しないという有様だったのはちょっと・・・ラストパスの呼吸も合わず、これでは点は取れない。そもそも完全に崩した形自体があまりにも少なかった。チームとしての攻めのパターンの無いので、ボールを前に持っていっても、すでに相手が下がりきった状態になってしまう。

何より残念だったのは気持ちが伝わってこなかった選手がいたということ。本人としては気持ちを入れてやってるんだろうけど、それが伝ってこない。気迫が出ることによって球際も強くなってルーズボールを拾えるようになると思うし、それは凄く大事だと思う。


さて、次節のブラジル戦は本当に勝つしかなくなった。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

オーストラリア戦について

結局、いつもの日本だったわけか。

ラッキーなゴールで先制したのはいいけど、その後の試合運びが悪すぎた。まずダメだったのが攻撃のカウンターの効率が悪いこと。最後まで形を作って攻撃できているのになぜシュートを撃たないのか。変に奪われて逆襲されるのとではリスクがぜんぜん違う。中田がペナルティエリアまで上がって攻撃に絡むことが多かったのでそういう場面ではなおさら注意しなければならないのに、簡単なミスでボールを失うこともあった。それに、ラストパスも精度が低すぎる。スペースも時間もあるので落ち着いてシンプルに出せばよかった。リスタートも繋いでいくのが多くて簡単に奪われすぎていたのも問題。

守備もラインを下げすぎで、ヴィドゥカにボールを足元に簡単に入れさせてしまっているのが特に危険だった。ボランチやサイドがDFラインに吸収されていてプレスもかからず、バイタルエリアにスペースが空いたところを突かれてしまう場面が多い。シュートを撃たれようとしているのに寄せるのが遅くてシュートコースを狭められていなかった。

1点目は仕方ない。確かに川口のミスだけどそれまでは神がかっていたので責められない。2、3点目は完全に前がかりになっていたところを人数が足りず、バイタルエリアを使われてやられていた。

ジーコの采配もおかしい。1点リードしててなぜ小野をいれるのか。あの場面は前線の二人が疲れていたのでそこを替えるのはいいけど、代わりに小野をボランチにいれるとは。それまでは中田がボランチで体の強さで貢献していたので、守備の弱い小野をあの位置にいれるのはおかしい。ロングボールの起点を潰すためと、スペースに飛び出せて起点を作るために大黒を入れるべきだった。

もしくは枚数の増えた相手のCFに対応するためにCBを入れるという案もあったけど、控えにCBが一人もいないので出来ない。中田浩二が出来るけど、放り込みに対処するという点では物足りない。3バックで戦うのにメンバーは4バック仕様だったツケがまわったか。最後の場面でも、相手がCFの枚数が多いのに対してCBの茂庭に替えて大黒というのも失点の原因になった気がする。

結局、2点差で負けたことでグループリーグを突破するにはクロアチアにそれ以上の点差で勝って、ブラジルからも勝ち点を取らないといけなくなった。事実上の終戦と言える。ここまできたら今日は見られなかった日本らしいサッカーを今後の試合で見せて欲しい。

追記

試合後に川淵会長のインタビューがあったけど、あの時は本当にムカついたね。涙目になりながらいろいろ言ってたけど、そんなに悔しいならもっとやりようがあったはずなのに。日本のことを思うならとっとと会長職を辞めてくれ。そして後任の監督選びにも絶対に口を出さないでくれ。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

祝、山本監督辞任

山本昌邦監督 辞任のお知らせ
本日の試合終了後、山本昌邦監督から右近弘社長に監督辞任の申し入れがあり、クラブとしてもこれを了承することと致しましたのでお知らせ致します。
なお、今後につきましては、現段階では未定となっております。

キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

この時期に辞めるんなら後任の人選も結構期待できるかも。
W杯はあるけどヨーロッパではちょうどオフなんだし。
なんとかしていい監督を連れてきて欲しいな。
オシムクラスの監督がやってきたらもう最高だけど、それはないか。
一番やめて欲しいのがジーコだけど、なんか本当にありそうで怖い。
どっちにしろ難しい状態のチームを立て直すには相当の時間が掛かりそうだ。
これが去年のシーズン直後だったらもっと何とかなったかもしれんけど。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

日本対アメリカ(06/02/11)

日本代表のワールドカップイヤー第一試合目のアメリカ戦をレビュー。結果は2−3で敗戦でしたがいろいろ分析できる要素が多かった試合だと思います。
コンディションについて

試合会場が野球場だったので芝の状態が悪くミスが多発してましたね。アメリカの方も滑ってましたが、今年3戦目となるアメリカの選手たちは動き出しが良くてフォローが出来ていました。日本は逆にそこからピンチになる場面が多かったように思えます。

システムと試合展開

アメリカは彼らの得意の形である4−4−2。FWが日本の3バックの横のスペースを使って起点となり、上がってきたサイドバックがクロスを入れるという形。最後のクロスには攻撃的なMFがトップまで上がっていたので数的にも不足するということもありませんでした。日本はサイドには1人しかおいていないので、アメリカの2人の選手に対応しきれず。

対する日本は今年また試している3−6−1ですが、トップの久保はボールを引き出す動きに欠けて中央に留まっていました。この場合にはトップをフォローする小野と小笠原がサイドや裏のスペースに走りこむのがセオリーですが、2人とも足元でもらうタイプであること、アメリカの攻撃に押し込められたことが原因となってボールを引き出せませんでした。こうなると中盤の低い位置でボールをまわすことになるのでアメリカのプレスの餌食となってしまいます。

こぼれ球を拾われるのはラインが低い位置に下げられていることが原因ですが、こうも簡単にサイドで起点を作られてはラインを高く保つこともできませんし、攻撃のときにボールを前に運べないのでラインを上げることもできません。このような状況では押しこまれるのも当然の展開でした。

後半の途中4−4−2になってからは巻、佐藤、本山らがサイドでボールを引き出す動きをしたこと、リードを保つアメリカのスタミナが切れてきたこともあってボールを回すことが出来るようになりました。しかしながら、最後のシーンでの崩しが足りませんでした。これは新しく代表に入った選手とのコンビネーション不足と以下に述べる選手の不在が原因でしょう。

変化を付ける選手の存在

アメリカは上記のようにサイドからクロスをあげる形が基本ですが、そのこぼれ球を拾ったときにはドノバンにボールを渡します。そのドノバンが攻撃に変化を付ける役割をこなしていて日本を脅かしました。日本では小野がこの役割を担っていましたが、前半は押し込まれていて、後半には巻の得点のシーンと、あとは数えるほどしかそういう場面を作れなかったように思えます。小野が下がってから小笠原がその役割になるだろうと思いましたが、期待したプレイは見れませんでした。

いろいろ課題の残る試合だと思いますが、とりあえず次の試合はもっとコンディションが良くなっていると思うので今日の試合の終盤のような場面をもっと作って欲しいと思います。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(2) |

W杯の日本代表の予選抽選結果について

抽選の結果、以下の組に日本は入った。
グループF

ブラジル (6/22)
クロアチア (6/18)
オーストラリア (6/12)
日本

対戦順はオーストラリア,クロアチア,ブラジル

明らかにひとつ飛びぬけているブラジルが余裕で一位通過、実力的に同レベルであるほかの国々で2位を争う展開になりそうだ。日本にとっては比較的恵まれたグループといえるかもしれない。

初戦のオールトラリアはウルグアイとのプレーオフに勝ってW杯を決めた。主将のヴィドゥカを中心にイングランドでプレーする選手が多い。監督は前回W杯ベスト4で、現在はPSVを率いるヒディング。

クロアチアはブルガリア、ハンガリーを大きく引き離し、ベストメンバーのスウェーデン相手にW杯予選で勝ったうえ、グループ一位までも決めた。監督の息子であるクラニツァールを中心とした若手主体のチーム。

予選最後の相手ブラジルは、ロナウド、アドリアーノ、ロビーニョ、ロナウジーニョ、カカ、ジュニーニョ・パウリスタ、ジュニーニョ・ペルナンブカーノのいるチーム、つまり最強。

まず、オーストラリアとは実力的には五分だと思うので何とか勝って欲しい。クロアチアは日本より少し実力が上になるだろうがチャンスは十分にある。日本がこれらの国より有利なのはブラジル戦が最終戦であること。おそらく1位通過を決めているブラジルは、日本戦においてはメンバーを落としてくるか、モチベーションが少し下がっていると思われるので勝ち点を獲得するチャンスがある。

2位通過した場合はE組の1位と対戦するので、おそらくイタリアと当たるだろう。イタリアの次に可能性のあるのはチェコか。どちらにしても日本より強い国なので決勝トーナメントで勝つのは難しそうだ。でも、ガチでイタリアと戦うのは非常に楽しみなので何とかして予選を突破して欲しい。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(1) |

2005年のJリーグ、というかガンバについて

今年のJリーグは最終節まで5チームが優勝の可能性を残す大混戦であったが、その中で最後栄冠に輝いたのはガンバ大阪であった。

今シーズン、前半は勝負強いFWアレックスミネイロの加入で決定力がアップした鹿島アントラーズが小笠原の好調とともに独走状態になるかと思われた。しかし、中盤以降はガンバが首位に躍り出たのだ。

ガンバは序盤こそ出遅れたものの、前線の3人、大黒、アラウージョ、フェルナンジーニョのコンビーネーションを活かした戦術をとるようになってから面白いように得点を重ねた。その攻撃的なサッカーは非常に魅力的でワクワクさせるものがあった。自分自身、生で見たときには3人を近くで見たいがために、前半と後半で席を移動しながら見たことも。

サッカーの質という面では、ジェフがそのフリーランニングの質と量から言って一番良いサッカーをしていたように思われたが、やはりガンバの個人技が自分にとっては一番好みのサッカーをしていた。特に、フェルナンジーニョのドリブルと大黒の動き出しは見ていて楽しい。アラウージョもここぞというときの決定力は本当に凄かった。

ガンバの課題はやはりDFと前線の控えの問題だろう。DFも宮本、シジクレイ、山口と良い選手がそろっているが、シジクレイと宮本は3バックの場合にはやはりセンターで使うのが一番活きると思うのでシジクレイをストッパーとして使うのは危険な感じがした。あと、ジェフとのナビスコカップの決勝でも思ったのだが、前線の3人の控えが今ひとつ良くない。吉原宏太は良いストライカーだが、大黒のように質の高い動き出しが出来るわけでもないし、2人のブラジル人ほどテクニックがあるわけではない。ACLを戦う来年はこの辺りの補強が必要だろう。

とにかくこれで関西のチームがJリーグ初優勝ということで、もっとJリーグが盛り上がって欲しいものだ。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(1) |

UNFLYING DUTCHMAN FANCLUB

36歳のベルカンプ、今季限りでの引退を発表

あのデニス・ベルカンプがいよいよ引退か・・・

ベルカンプを初めて見たのはフランスW杯のアルゼンチン戦で、そのときの伝説的なゴールを見てからもの凄い勢いでファンになってしまった。走りながらの完璧なトラップ、相手の裏をかく切り返し、反応できない速さとタイミングのシュート。当時、日本代表しか興味の無かった俺が初めて海外の選手で”惚れた”プレイヤーだった。

ベルカンプは攻撃のプレイヤーとしては俺の一番好きなタイプの、パスも出せるし得点も決めるというプレイスタイルだ。あのロベルトバッジョとかマラドーナと同じようにセカンドトップの位置でもっとも輝く。ベルカンプもオランダ代表とアーセナルでこのポジションでやっている。

俺はサッカー選手として上手いか下手かを判断するときに一番重要だと思っているのがトラップで、ベルカンプはこれが異常に上手い。アルゼンチン戦でもそうだし、このニューカッスル戦でのゴールもそうだ。見ていてため息のでるような美しさなのに、さも当たり前のようにトラップする。もし引退後に彼のプレイ集なんかが出たりしたら速攻買ってしまうだろうなあ。家宝にしても惜しくないものになりそうだ。

今にして思えば彼のプレイを見たことでTVで日本代表を応援することしかサッカーに興味の無かった俺が、サッカーをプレイしたり、プレイ自体を見て楽しめるようにはならなかった気がする。

ありがとう、ベルカンプ。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

日本 対 北朝鮮

結局、大黒の棚ボタゴールで2-1で勝利した我が代表。
とにかく見ていてイライラさせられましたね。

最初、小笠原のFKが決まったときには楽勝かと思ったんですが、だんだんと日本のリズムが悪くなっていって、追加点がとれず、後半に同点。中村と高原が投入されてチャンスは生まれるんですが得点できず、最後やっと大黒のゴールで辛勝という内容。

詳しい戦評は ガゼッタさんのところ を参考にしてください。

しかし、最初は普通に闘えばラクに勝てると思っていたのですが、日本のデキが悪すぎて全然普通じゃなかったですね。特に攻撃では早いパス回しが出来ず、守備ではプレスの寄せが駄目で、これは戦術というものがほとんど無いジーコの特徴が悪い方向に出たものと言えそうです。

とりあえず、ここ最近はしまっておいたこの画像を復活しておきます。
まあ、いくらなんでもW杯には行けるとは思いますが、試合を見るたびに胃が痛くなる日々が続きそうです。

soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(2) |

ザスパ草津がJリーグ加盟申請

現在JFLで2位のザスパ草津がJリーグ加盟申請をしました。

この記事 によればホームタウンは地元草津とホームスタジアムである県立敷島公園陸上競技場がある前橋市を中心とした群馬県全域になる見通しだとか。

群馬人の一人としてとしてこの結論は妥当だと感じました。やはり、Jリーグの試合を農村部である草津で行なうのは難しい。そこで都市部にあるスタジアムで試合を行なうわけですが、実際に試合が行なわれている土地がホームタウンではないのは違和感があります。他のJチームでもホームタウンとスタジアムが違う土地であるケースはありますが、草津と前橋は遠すぎますからね。

かといって、ホームタウンを前橋に移転という形では今まで支援してくれた草津を裏切る格好となってしまう。そう考えるとホームタウンの広域化は妥当であると感じるのです。

ザスパ草津は今シーズンのJFLで2位以内をキープすればめでたくJリーグ加盟が認められる見通しとなっています。もちろん僕も応援していきます。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

アジアカップ2004 準決勝 日本×バーレーン

日本 4−3 バーレーン
得点:中田、玉田2、中澤 / A・フバイル2、ナゼル

凄い試合でした。
バーレーンに先制されて、遠藤も不可解な判定で退場し一人少ない状況にも関わらず、玉田や中澤による幾度もの逆転。

選手の頑張りには本当に感動しました。特に中澤はヘディングやスライディングで何度もバーレーンの攻撃を跳ね返して日本のピンチを救い、更には攻撃でも何回も良い上がりを見せてゴールもあげました。

更には今大会ノーゴールの玉田も2ゴール。負傷しているのにも関わらず延長戦でもボールを引き出す動きも。FWの相棒である鈴木も延長戦に入っても相手へのチェイシングやポストプレイで日本を助ける働き。

今回の勝利は本当に感動しました。






と、ここまでは選手に対する感想と感動を書いてきました。
ジーコには随分前から呆れさせてもらっていますが、今回のアジアカップでも相変わらずの迷走振り。次からは監督であるジーコを批判します。

まず、負傷により試合に出るのは難しいと言われていた玉田、遠藤、田中を出したこと。これは以前に久保が犠牲になったように、ジーコは選手を酷使しすぎ。ヨルダン戦で120分も闘って疲労も溜まって負傷している選手をスタメンで使うのは明らかにやりすぎでしょう。

選手起用は本当に駄目な監督らしく、両サイドはこの連戦のせいか疲れてスピードで振り切られる場面が目立つのに、三浦や西を使う気配がない。今日はめずらしく西を出したと思ったら4バックの右に入れる愚行。ジーコは逆転する気がないんじゃないかと思いましたよ。

あと、鈴木のように選手の限界を超えた頑張りを見てると、いつか誰かが倒れるんじゃないかと心配になります。コンフェデレーションズカップで亡くなってしまったフォエの悲劇を繰り返して欲しくないです。

アジアアップで優勝してもジーコはNO!です。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(8) |
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー