Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< パブリックP2Pについて | main | BLUR 「Think Tank」 >>

いごっそうにいってきた。

今日は学校が終わった後に友人とラーメンを食いに行った。

行った先は前から気になっていた店である「いごっそう」だ。二郎系のラーメンで噂では吉祥寺二郎よりも美味いらしい。しかも、駅からは遠い場所にあるので行列も無さそう。

さっそく学校からチャリで店へ向かう。だいたい15〜20分ぐらい。雨が無ければもっと早いだろう。徒歩ではさすがにキツい距離。  店の中をのぞくとカウンターだけのこじんまりとした店。席も空いている。友人曰く夕方時はいつもはもっと混んでいるそう。雨だからあまり人がいないらしい。

席に座り、550円のラーメンを注文。友人は大盛り(100円増し)を頼んだが、自分は初めてだったので普通盛りにしておいた。 吉祥寺二郎のように呪文を唱える必要はなく、店員に「ニンニクどうしますか?」と聞かれたので「お願いします」と答えただけだった。

ラーメンが完成。やはりヴォリュームが多い。スープはちょっと少なめだったが、あの濃いスープを飲みほすつもりはないので許容範囲。例の極太麺はここでも健在で咬み応え抜群。チャーシューも美味い。

この店は確かに美味しかったが、この界隈で一番かどうかはわからない。しかし、味、量、値段のトータルバランスでは確実にトップクラスだと思う。さらに二郎系特有の中毒性もある。

以上、ある味音痴の感想でした。
weblog | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/69
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー