Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 中村一義 「ERA」 | main | JAZZ ROYALE >>

the band apart SMOOTH LIKE BUTTER @下北沢SHELTER 8/1


01.Eric.W
02.Sometimes
03.Moolight Stepper
04.higher
05.the noise
06.shine on me
07.coral reef
08.beatiful vanity
09.K. and his bike

10.when you wish upon a star

今日は久しぶりにシェルターで行われたSMOOTH LIKE BUTTERに行って参りました。

個人的にはここ最近の彼らのライブでは最高の出来だったと思います。もちろんいつものように細かいミスやテンポのズレがあったり、音が悪かったりもしたんですが、何よりメンバーのテンションの高さが半端じゃなかった。いつもヘッドバンキングしながらギターを弾く川崎さんもアンコールではいつもの1.5倍くらい振ってましたからね。

これはおそらくMCで言われていたようにシェルターの女性スタッフが今日で辞めるということも関係しているでしょう。原さんも「これで終わりにしてやるよ!おまえのシェルター人生をよ!」と言ってましたしね。あとMCで面白かったのは荒井さんがK. and his bikeをやる前あたりで鼻をスースーやっていたことについて「実は今言うべきことじゃないのかもしれないけど、あのスースーやってたのは実は鼻血が出たからなんだよ。絶対、泣きそうになったからだと思ったでしょ。ライブで鼻血でたの初めてだよ。」ってところでしょうか。

新曲の感想ですが、Moolight Stepperはやはり甘いメロディを前面に出した曲でバンアパとしては新機軸。延々と続くアウトロがちょっとwhen you wish upon a starあたりを連想したり。もう一つ、shine on meはカオスな曲。各楽器の絡み具合や曲展開も複雑でこれも新しいバンアパの一面を見せてもらいました。

そして今日はやっぱりK. and his bikeとwhen you wish upon a starが神がかってましたね。個人的にもこの流れが大好きなんで、アンコールであのイントロが始まったときにはキターって感じでした。また、女性スタッフとの送別会的なノリもあったので、この2曲はそれに相応しい雰囲気を作り出していてちょっと感動しちゃいました。


あと、荒井さんに挨拶したときにちょっと話したんですが、弾き語りは今後もまたやっていくそうです。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/379
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー