Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< Hi-STANDARD 「ANGRY FIST」 | main | あぶら・でらぶ6 >>

cornelius 「THE FIRST QUESTION AWARD」

THE FIRST QUESTION AWARD

元フリッパーズギターの小山田圭吾が結成したユニット、といってもメンバーは彼一人。そんなコーネリアスのデビューアルバムです。今ではすっかり音響的な方向へと進んでしまった彼の作品ですが、このアルバムではまだ歌いまくってます。

このアルバムはフリッパーズのカメラトークの雰囲気に近く、スタイルカウンシルなどの英国ポップバンドの影響が感じられるサウンドになってます。さっきも書いたように、彼はこのあと音響ポップ路線へ進むのでフリッパーズが好きだった人はコレが一番聴きやすいかもしれません。でも、なんというか陽気でポップなサウンドに反比例して非常に無機質な感じがして、感情が乗ってないような印象がするのがこのアルバムの特徴ですかね。

オススメはシングルにもなったM1「太陽は僕の敵」、M2「ホワット・ユー・ウォント」、M4「パーフェクト・レインボウ」、M11「ムーン・ライト・ストーリー」やM10「ラヴ・パレード」あたりでしょうかね。このあたりはとくにメロディもよくてキャッチーです。

個人的にはコーネリアスの魅力がもっとも発揮されてるのはそのポップさと音響的なセンスが高水準で融合した「FANTASMA」だと思ってるので、この作品が気に入った人にはこっちもぜひ聴いてみて欲しいです。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/362
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー