Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< cornelius 「point」 | main | the band apart 10/9 品川ステラボール >>

SCAFULL KING 「SCAtegory」

SCAtegory

90年代後半のスカコアシーンの代表格、スキャッフルキングの3枚目のアルバムです。2000年発売。中心メンバーは現在フロンティアバックヤードにて活動しています。また、このアルバムではフィッシュボーンからアンジェロがゲスト参加してます。

スカコアシーンにカテゴライズされていた彼らですが、ここで彼らが演奏するサウンドは非常に幅広く雑多なジャンルの影響を受けているように思えますし、それを融合させたこの演奏は確かなセンスの良さを感じさせます。特に勢いのあるディストーションギターに絶妙に絡むホーンのメロディはクセになりますね。また、ボーカルの自由に動くのにとても耳に残るメロディラインも良いです。

オススメはM1「Save Your Life」、M4「Whistle」、M6「Easy Dose It」、M11「We Are The World」あたりです。サウンド、メロディともに基本的にすごくポップなのでスカコアを聴いたことがない人にもオススメしたいアルバムです。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/346
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー