Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< オシムジャパン発表 | main | 川淵会長にレッドカードデモ >>

野球漫画のススメ

今日こそ野球漫画で最強なのは何か決めようぜ
このスレッドに触発されたので自分でも3つばかりオススメを挙げておきます。他にもいろいろオススメしたいものはありますが特に良いと思っているものに絞って紹介します。


逆境ナイン (1)
逆境ナイン (1)
島本 和彦

月刊キャプテンにて連載、全6巻。逆境を前にすると力が湧き出る主人公、不屈闘志が甲子園優勝を目指し奮闘する物語。ひたすら熱い、いや暑苦しい展開の連続で最高に面白い。不屈に立ちふさがる逆境もチームメイトの離脱があったり恋に落ちたり、はたまた記憶喪失したりと荒唐無稽ながらそれを乗り越えていく不屈の姿は感動と笑いをもたらしてくれる。



キャットルーキー 1 (1)
キャットルーキー 1 (1)
丹羽 啓介

月刊サンデーというマイナー誌にて連載されていたせいか知名度は低いのだが隠れた良作。全26巻で主人公が変わっていくジョジョ式で全部で第3部まであります。この漫画の特徴として舞台がペナントレースであること、主人公はすべてルーキーであることが挙げられる。そしてこの漫画は一年通して行われるリーグ戦の醍醐味が描かれていることが大きな魅力。

1部は1巻のみで160kmを超える日本最速の球を投げる雄根小太郎が主人公。2部は2巻から16巻で、主人公は驚異的な集中力を持つ天才打者、四方二三矢。3部は宇宙飛行士になるのが夢だった理系頭脳派捕手、寅島球地と秘められたポテンシャルを持ち寅島に才能を見出されてプロになった三ヶ月心の二人が主人公で17巻から26巻の最終巻まで続いた。



おれはキャプテン 11 (11)
おれはキャプテン 11 (11)
コージィ城倉

現役の漫画なら月刊マガジンスペシャルで連載中のコレ。とにかく読んでいて気持ちいい。言葉や描写が非常に読者にわかりやすく表現されていいるので、グラウンドの現在の状況が不自由なく飲み込める。上記の2作は良くも悪くも現実には出来ない漫画的なプレイが出てくるが、この作品はそのような要素はないので、より”野球”漫画としての完成度は高くなるように思う。
comic / novel | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/337
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー