Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< オーストラリア戦について | main | お金で買えない価値がある >>

クロアチア戦について

何とか可能性だけは残った。

今大会は川口に何回救われたのだろうか。PKのときにNHKラジオの解説の小島さんが、今日はこれで川口の日になると言っていたけども、まさにその通りの出来だった。それに、中沢も最後のところで踏ん張ってクロアチアのシュートに体を寄せて完全な形では撃たせなかったことが運を引き寄せ、最終的に引き分けに持ち込めた要因になったと思う。

前半途中まではよくやっていたけど、1対1で負けだすとラインが下がる悪癖はこの試合でも見られ、それが相手にペースを与えるきっかけになってしまった。非常に暑い環境の中でクロアチアは、前からプレスをかけるときと、下がって相手のミスを待つ守備を巧く使い分けていた。それに対して日本はずっと同じように足元に繋いでいってしまい、クロアチアの網にかかってしまいカウンターを喰らう場面が目に付いた。中田だけはそれを察知して相手の裏をパスで狙っていたけども、周りとの呼吸が合わず誰も反応していなかった。この辺りの戦術適応力が日本は甘いのかなと思う。

チャンスはほとんどロングシュートだけ(柳沢のアレはクリアなのでチャンスの数に入らない)だった。玉田が抜け出した場面でシュートが力みすぎてダフってしまったのは残念。他ではサイドから頭を狙ったクロスがすべて精度を欠き、グラウンダーのボールには誰も反応しないという有様だったのはちょっと・・・ラストパスの呼吸も合わず、これでは点は取れない。そもそも完全に崩した形自体があまりにも少なかった。チームとしての攻めのパターンの無いので、ボールを前に持っていっても、すでに相手が下がりきった状態になってしまう。

何より残念だったのは気持ちが伝わってこなかった選手がいたということ。本人としては気持ちを入れてやってるんだろうけど、それが伝ってこない。気迫が出ることによって球際も強くなってルーズボールを拾えるようになると思うし、それは凄く大事だと思う。


さて、次節のブラジル戦は本当に勝つしかなくなった。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/320
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー