Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 祝、山本監督辞任 | main | クロアチア戦について >>

オーストラリア戦について

結局、いつもの日本だったわけか。

ラッキーなゴールで先制したのはいいけど、その後の試合運びが悪すぎた。まずダメだったのが攻撃のカウンターの効率が悪いこと。最後まで形を作って攻撃できているのになぜシュートを撃たないのか。変に奪われて逆襲されるのとではリスクがぜんぜん違う。中田がペナルティエリアまで上がって攻撃に絡むことが多かったのでそういう場面ではなおさら注意しなければならないのに、簡単なミスでボールを失うこともあった。それに、ラストパスも精度が低すぎる。スペースも時間もあるので落ち着いてシンプルに出せばよかった。リスタートも繋いでいくのが多くて簡単に奪われすぎていたのも問題。

守備もラインを下げすぎで、ヴィドゥカにボールを足元に簡単に入れさせてしまっているのが特に危険だった。ボランチやサイドがDFラインに吸収されていてプレスもかからず、バイタルエリアにスペースが空いたところを突かれてしまう場面が多い。シュートを撃たれようとしているのに寄せるのが遅くてシュートコースを狭められていなかった。

1点目は仕方ない。確かに川口のミスだけどそれまでは神がかっていたので責められない。2、3点目は完全に前がかりになっていたところを人数が足りず、バイタルエリアを使われてやられていた。

ジーコの采配もおかしい。1点リードしててなぜ小野をいれるのか。あの場面は前線の二人が疲れていたのでそこを替えるのはいいけど、代わりに小野をボランチにいれるとは。それまでは中田がボランチで体の強さで貢献していたので、守備の弱い小野をあの位置にいれるのはおかしい。ロングボールの起点を潰すためと、スペースに飛び出せて起点を作るために大黒を入れるべきだった。

もしくは枚数の増えた相手のCFに対応するためにCBを入れるという案もあったけど、控えにCBが一人もいないので出来ない。中田浩二が出来るけど、放り込みに対処するという点では物足りない。3バックで戦うのにメンバーは4バック仕様だったツケがまわったか。最後の場面でも、相手がCFの枚数が多いのに対してCBの茂庭に替えて大黒というのも失点の原因になった気がする。

結局、2点差で負けたことでグループリーグを突破するにはクロアチアにそれ以上の点差で勝って、ブラジルからも勝ち点を取らないといけなくなった。事実上の終戦と言える。ここまできたら今日は見られなかった日本らしいサッカーを今後の試合で見せて欲しい。

追記

試合後に川淵会長のインタビューがあったけど、あの時は本当にムカついたね。涙目になりながらいろいろ言ってたけど、そんなに悔しいならもっとやりようがあったはずなのに。日本のことを思うならとっとと会長職を辞めてくれ。そして後任の監督選びにも絶対に口を出さないでくれ。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/319
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー