Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 電気用品安全法について | main | BUMP OF CHIKEN 「ハルジオン」 >>

日本対アメリカ(06/02/11)

日本代表のワールドカップイヤー第一試合目のアメリカ戦をレビュー。結果は2−3で敗戦でしたがいろいろ分析できる要素が多かった試合だと思います。
コンディションについて

試合会場が野球場だったので芝の状態が悪くミスが多発してましたね。アメリカの方も滑ってましたが、今年3戦目となるアメリカの選手たちは動き出しが良くてフォローが出来ていました。日本は逆にそこからピンチになる場面が多かったように思えます。

システムと試合展開

アメリカは彼らの得意の形である4−4−2。FWが日本の3バックの横のスペースを使って起点となり、上がってきたサイドバックがクロスを入れるという形。最後のクロスには攻撃的なMFがトップまで上がっていたので数的にも不足するということもありませんでした。日本はサイドには1人しかおいていないので、アメリカの2人の選手に対応しきれず。

対する日本は今年また試している3−6−1ですが、トップの久保はボールを引き出す動きに欠けて中央に留まっていました。この場合にはトップをフォローする小野と小笠原がサイドや裏のスペースに走りこむのがセオリーですが、2人とも足元でもらうタイプであること、アメリカの攻撃に押し込められたことが原因となってボールを引き出せませんでした。こうなると中盤の低い位置でボールをまわすことになるのでアメリカのプレスの餌食となってしまいます。

こぼれ球を拾われるのはラインが低い位置に下げられていることが原因ですが、こうも簡単にサイドで起点を作られてはラインを高く保つこともできませんし、攻撃のときにボールを前に運べないのでラインを上げることもできません。このような状況では押しこまれるのも当然の展開でした。

後半の途中4−4−2になってからは巻、佐藤、本山らがサイドでボールを引き出す動きをしたこと、リードを保つアメリカのスタミナが切れてきたこともあってボールを回すことが出来るようになりました。しかしながら、最後のシーンでの崩しが足りませんでした。これは新しく代表に入った選手とのコンビネーション不足と以下に述べる選手の不在が原因でしょう。

変化を付ける選手の存在

アメリカは上記のようにサイドからクロスをあげる形が基本ですが、そのこぼれ球を拾ったときにはドノバンにボールを渡します。そのドノバンが攻撃に変化を付ける役割をこなしていて日本を脅かしました。日本では小野がこの役割を担っていましたが、前半は押し込まれていて、後半には巻の得点のシーンと、あとは数えるほどしかそういう場面を作れなかったように思えます。小野が下がってから小笠原がその役割になるだろうと思いましたが、期待したプレイは見れませんでした。

いろいろ課題の残る試合だと思いますが、とりあえず次の試合はもっとコンディションが良くなっていると思うので今日の試合の終盤のような場面をもっと作って欲しいと思います。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/301
この記事に対するトラックバック
日本代表のワールドカップイヤー最初の試合は...
日本2006年初戦は黒星 | oneswide-eyes | 2006/02/11 4:28 PM
日本ーアメリカ戦が行われ日本が今回は国内組みだけで試合だが 久保の代表復帰や小野の動きで今年代表初戦は注目していた アメリカは日本より前回のW杯での成績もFIFAランクも上で 日本が格上相手に勝負するので楽しみだったので1時から見た 大リーグの野
日本代表アメリカ戦に負け&ボビーのブログ | 芸能&スポーツ瓦版 | 2006/02/11 7:18 PM
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー