Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 今年聴いたCDベスト5 | main | Ryuichi Sakamoto Trio World Tour 1996 〜Complete Version >>

the band apart 「quake and brook」

quake and brook

バンドアパートの2枚目のアルバムです。前作、「K. and his bike」も傑作でしたがこのアルバムも負けず劣らずの傑作となりました。

この前に発売されたシングルに収録された「higher」から作曲の方法を変えて、基本的なアイデアと骨組を考えたらその後は各人がそれぞれのパートごとに作っていくという方式に変えたといいますが、聴いただけでは作曲方法の変更がどう影響したのかはわかりません。

しかし、相変わらず彼らの基本的なスタイルである2本のギターカッティングの絶妙な絡みや川崎氏のつくるギターフレーズには抜群のセンスを感じますし、原氏のとにかく動きまくるグルーヴィーなベースはそのテクニックの高さを証明しています。また、木暮氏のドラムもシンプルな8ビートや4つ打ちだけでなく変拍子もこなしたり細かいところで良い仕事をやってます。

あと、やっぱり荒井氏の歌うポップなメロディも最高ですね。ポップと言ってもチャートで上位になるようなわかりやすい感じではなくて、聴けば聴くほど味わいが出る深いものだと思います。それにサビなどでは原氏のコーラスが彩りを加えてよりキャッチーに。それら全ての要素が合わさって生まれる彼らのサウンドは、さまざまなジャンルの影響を感じさせはするものの、どこにもない真にオリジナルなロック。

オススメはもちろん全曲なのですが、まさにバンアパといった感じのM1「coral reef」、ダンサブルでサビもキャッチーなM2「my world」、グルーヴィーかつテクニカルなM3「from resonance」、変拍子が格好良いM5「night light」、シングルにもなったM8「higher」、バンアパにしては珍しくメロウなM9「quake and brook」、エセファンキーなM10「real man's back」などが特に良いですね。

彼らの音楽の何が素晴らしいといえば、聴いていてテンションがとにかくアガるんですよね。テンションがどのくらいアガるのかというのが僕のロックの良し悪しを判断をするときの基準なんですが、バンアパは自分にとって一番アガる音楽を鳴らしてくれます。ライブなんかでも彼らが音を鳴らした瞬間にフロアの空気が一変しますし、本当に最高のバンドだと思ってます。

ロックが好きなら絶対に聴いて欲しいアルバム。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/293
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー