Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< SMOOTH LIKE BUTTER 情報 | main | the band apart 「quake and brook」 >>

今年聴いたCDベスト5

今年発売して、聴いたCDの中で勝手にベスト5を選出します。

5位

P.O.A.~POP ON ARRIVAL~
BEAT CRUSADERS 「P.O.A」

ポップなパンクといったら彼ら。
とにかくメロディが良いのと、それを引き立てる遊び心に溢れたアレンジ。
まさにポップなサウンドで楽しませてもらいました。

4位

Nothin' But Sausage
Ken Yokoyama「Nothin' But Sausage」

続いてメロコアの大御所、横山健。
やっぱりメロコアを鳴らしたら誰にも負けないですね。
これを聴いたらハイスタの復活は当分無くてもいいやと思えるくらい。

3位

OMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ1~(初回生産限定盤)
ナンバーガール
 「OMOIDE IN MY HEAD 2~記録シリーズ~」


ナンバーガールの過去のライブ音源をまとめたもの。
やっぱりナンバガはライブということでそのボリュームも大満足の内容。
さらには中身も最高のロックが詰め込まれていて文句無し。

2位

the book about my idle plot on a vague anxiety
TOE 「the book about my idle plot on a vague anxiety」

日本のポストロックといえばやっぱりtoe。
そんなことをこのアルバムで再認識しました。
柏倉さんの唄うドラムは音楽を聴いてるなら一度は聴いて欲しい。

1位

quake and brook
the band apart 「quake and brook」

そしてやっぱり1位はバンドアパートでした!!
ギターの絡み、動くベース、堅実のドラム、甘いメロディ、全てが最高!!今年はライブにもたくさん行ってまさにバンアパの年でした。

最初から予想できてましたが、やっぱりな順位でした。
というわけで次回には「quake and brook」のレビューをします。
weblog | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/292
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー