Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< Ken Yokoyama 「Nothin' But Sausage」 | main | bloodthirsty butchers live report 12/20
official bootleg vol.008 @ 下北沢シェルター >>

BOaT 「FRUITS☆Lee」

FRUITS☆Lee

現在、NATSUMENとして活躍するA.S.E.とアインを中心としたボートのインディーズで発表されたファーストアルバムです。

サウンドはオルタナティブロックやギターポップの要素を中心としたミクスチャーポップで、それに日本語、英語、中国語による男女のボーカルが特徴的です。特にそのメロディーラインはこれでもかというほどポップかつキャッチーな出来でついつい口ずさみたくこと間違いなし。特に切ない感じのするメロディーが得意で最高に泣けます。

この作品は8chのMTRで製作されたそうですが、そのせいか音圧が弱く音が少し小さく聴こえます。しかし、それよりもこれだけ高質な作品を8トラックしか使えないレコーダーで作ったことのほうが凄いと思いますが。

英語詞で女性ボーカルのM6「Mr.グリーン」、日本語で男性ボーカルのM8「夕日」、同じく日本語で女性ボーカルのM9「スマートボール」あたりが特にオススメしたい楽曲です。

この後、3枚目のアルバムからメジャーで活躍したBOaTですが、現在それらのメジャー作品は廃盤になっていてヤフオクでは定価以上で取引が行われています。どうにかして再発して欲しいですね。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/288
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー