Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< Rei Harakami 「Lust」 | main | MOGWAI 「MOGWAI YOUNG TEAM」 >>

Hi-STANDARD 「MAKING THE ROAD」

メイキング・ザ・ロード

90年代の日本のパンクシーン、インディーズシーンを牽引したハイスタの3枚目のアルバムです。現在、活動中止中なのでこのアルバムが最新アルバムということになります。99年発売の今作は当時インディーズでは最高記録となる80万枚を売り上げました。

疾走するバンドの演奏、泣きのグッドメロディ、一緒に歌いたくなるコーラスといった彼らの特徴は健在です。しかし、今回は今までよりも音の幅が広がったような印象があります。ボサノヴァの要素を取り入れた曲や、ハードコアな曲、南国インストまでありますが、基本はやっぱり直球のメロコアサウンドのハイスタ節。

名曲ばかりのこのアルバムですがその中でも、友への思いを歌ったM5「DEAR MY FRIEND」、ハイスタの最高傑作とも言われるM6「STAY GOLD」、ハードコアな演奏とシャウトが格好良いM12「MAKING THE ROAD BLUES」、サビのコーラスが最高なM17「MOSH UNDER THE RAINBOW」、感動的にアルバムを締めくくるM19「BRAND NEW SUNSET」といった曲は必聴です。

パンクロック、日本のロックが好きの人にはぜひとも聴いて欲しい音源のひとつです。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/270
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー