Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 小沢健二 「dogs (旧題:犬は吠えるがキャラバンは進む)」 | main | NUMBER GIRL 
「サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態」 >>

The Red Hot Chili Peppers 「Californication」

Californication

アメリカのミクスチャーバンド、レッチリの4年ぶりのアルバムです。ギターには名作「ブラッド・シュガー・セックス・マジック」発売当時メンバーだったジョン・フルシアンテが復帰。1999年発売。

レッチリはそのキャリアの長さも手伝って多くのアルバムを発表していますが、僕はこの作品が一番好きです。前作までのようなノリの良いファンキーな曲は無くなっていますが、もっと深く渋いファンクネスがこのアルバムからは聴こえてきます。チャド、フリーの強靭な世界一のリズム隊に、ジョンの味のあるギター、アンソニーの今までの早口MCでは無い、美しいメロディーの融合は最高のロックを生み出してます。

オススメはM1「Around the World」、M3「Scar Tissue」、M4「Otherside」それにタイトルナンバーにもなっているM6「Californication」です。これらは彼らのベスト盤にも入ってるので先にそっちをチェックしてみるのも良いかも。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/267
この記事に対するトラックバック
Warner Bros. 1999-06-08 売り上げランキング : 7,80...
Californication/Red Hot Chili Peppers | Music Addict | 2005/12/18 11:13 PM
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー