Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< THE GET UP KIDS 
「SOMETHING TO WRITE HOME ABOUT」
| main | 面影ラッキーホール 「代理母」 >>

REACH 「TRICHROMATIC」

TRICHROMATIC

元シャーベットの渡辺誠や現toeの柏倉隆史などで結成された3ピースバンド、リーチの初フルアルバム。プロデューサーはJロビンズです。

当時、メロコアシーンはハイスタを中心に非常に盛り上がっていてリーチもそのシーンに属していたわけですが、一般的に言うメロコアとは一味違うサウンドになっています。彼らはとにかく複雑で転調を繰り返す演奏が印象的で、キャッチーなメロディが中心になっているわけではないのです。

しかし、そのエモーショナルな演奏は最高にテンションが高くて痺れます。特に柏倉氏の手数の多い超人的なドラムはここでも健在です。それに絡むバンドのアンサンブルも一体感があって最高。歌の方はあまり上手くはないですが、たまにみえる泣きメロもグッドです。

特にコレというようなキャッチーな曲があるわけでは無く、アルバム通しての流れも良いので、あえてオススメは書きません。エモーショナルでプログレッシブなロックが好きな人は気に入るのでないでしょうか?
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/263
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー