Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< DOPING PANDA 「WE IN MUSIC」 | main | Polaris  「Family」 >>

pal@pop 「pal@pop」

pal@pop

プロデューサーであり作曲家、詩人でもある高野健一のソロユニットpal@popのファーストアルバムであり、彼が手がけたほとんどの楽曲を網羅したベストアルバムです。2002年発売。

サウンドはプログラミングと生音をミックスとしたトラックにゲストの様々な女性ボーカルを起用した質の高いポップスです。僕は女性ボーカルの作品はまったくと言っていいほど聴かないんですが、このアルバムは今までの人生で出会った中で最も素晴らしいアルバムの1つであると言えます。

トラックは基本的にリズムと裏で鳴っている音をプログラミングで打ち込んでそれにアコギとストリングスで装飾したものです。これがヘッドホンで聴くと天才的なサウンドメイキングの効果で素晴らしく美しい音空間を作り出しています。それに純粋で詩的な歌詞を楽曲に合った様々なボーカルが美しいメロディで歌い上げるのです。まさに最高のポップ作品。

このアルバムは全曲が名曲と言っても過言ではほどのクオリティの高い曲が詰まってます。その中でもM3「welcoming morning」や、M8「空想X」、M11「言の葉ひらり」は僕が特に気に入っている曲です。

歌詞、トラック、アルバムの構成といった全ての要素においてこんなに質の高いアルバムは本当になかなか無いので、音楽が好きなら聞いて損は無いです。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/259
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー