Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 脳内ロックフェス | main | 坂本龍一 「1996」 >>

ancient greeks 「DEPARTURE SUITE」

DEPARTURE SUITE

シカゴのロックバンド、エイシャントグリークスのセカンドアルバム。バンアパのライヴにゲストで来るというので、あんまり期待せずに予習用として買ってみたところ存外に良かった。

サウンドはジャズやポストロックの影響を受けたもので、ギターのカッティングと動きまくるベースが非常に格好良い。その上でエモーショナルなファルセットボーカルの美しいメロディが特徴的なサウンド。

オススメはM1「MOONFACE」、M10「WORLDS ARE ENDING EVERY MOMENT OF OUR LIVES」の2つですかね。1つの楽曲の中で何度も盛り上がるところがあってすごくドラマチックで聴き応えがあります。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/254
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー