Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< UNFLYING DUTCHMAN FANCLUB | main | SMOOTH LIKE BUTTER 9/16 Zepp Tokyo live report >>

toe 
「the book about my idle plot on a vague anxiety」

the book about my idle plot on a vague anxiety

元REACHのメンバーなどで構成されているポストロックバンド、toeの待望のファーストフルアルバム。前にメロコア的な音のバンドをやっていたせいか、サウンドの方もがっちりロックしてます。

基本的には2本のギターがアルペジオを弾いたり、メロディを弾いたりして交錯し、そこにトリッキーなリズム隊が加わってアンサンブルを作るんですが、何より粕倉さんのドラミングが素晴らしい。複雑でありながら歌うように気持ちいいフレーズを次々と出していきます。本当に凄くてこのドラムだけでも聞く価値はあります。

このバンドが繰り出す高揚感は本当に半端無い。最初聞いた感じは少し暗いような印象を持つんですが、バンドの演奏が徐々に熱を持っていって曲の中盤あたりからもうこの音に打ちのめされっぱなしになってしまうんですね。最高にエモーショナルなロックサウンドがこのアルバムには詰まっています。

今まで聴いてきたギターインストでは一番このアルバムが好きです。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/246
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー