Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< MUSICAL BATON | main | the band apart @下北沢シェルター 6/25 >>

the band apart @高崎FLEEZ 6/16

K.AND HIS BIKE

セカンドアルバム「quake and brook」のレコ発ツアーの後半戦1回目である高崎はclubFLEEZでのライブレポートです。僕の地元でのライブということで東京からわざわざ実家に帰って見に行きました。

曲順はぜんぜん覚えてませんが一応セットリストを。
01.coral reef
02.violent penetration
03.from resonance
04.cerastone song
05.night light
06.forget me nots
07.Eric.W
08.my world
09.higher
10.amplified my sign
11.FUEL
12.M.I.Y.A
13.real man's back
14.Snowscape
15.quake and brook

アンコール
16.When You Wish Upon A Star

もうライブから1週間が経過しているんで、対バンのブッチャーズ、ドルチェに関しては記憶が薄れてきてレポ出来ないです。すみません。ただ憧れだったひさ子嬢を拝められたことは満足でした。

さて、バンアパです。

一曲目からアルバムのリード曲『coral reef』。イントロが鳴った瞬間から会場のテンションが一気にあがってました。川崎氏の中華風リフもバッチリキマって最初から最高の出来です。

次の『violent penetration』の口笛は荒井さんが吹く。代官山ではダメダメ
だったらしいですが何とかなってたように思います。この辺でテンションが上がりすぎて3曲目からは曲順の記憶が無いです。

気になった曲だけ書くと『night light』のイントロはアルバムと違っていて一瞬何の曲だか解らなかったこととか、『M.I.Y.A』の荒井氏のボーカルのエフェクトがCDと違ってたことですかね。

あと、ファーストアルバムの曲はすごく盛り上がります。まあ、今回のライブは若い子が多かったみたいなんでダイブも発生しましたし。個人的にはセカンドの曲はリズムがディスコ風味な曲が多いので踊れて好きなんですけどね。

記憶が曖昧ながら覚えているMCを、まずは荒井氏から。
「FLEEZEのライブはいつもおとなしい印象があったから、普段と同じズボンをはいてきんですけど失敗でした。」
「(アンコールについて)もう終電が近いのでライブハウス側はアンコールは無しと言ってるんですけど・・・ (客はみんなアンコールやる気なのでそれぞれ声をあげる) それじゃやります。電車がなくなりそうな人はナウ帰ってください。僕たちは車だから平気ですけど。」

続いて原氏。
「凄い湯気ですね。まるで加湿器ですよ。」
「よく行くサウナにTVのリモコン権を握っている主みたいな人がいるんですけど、この前そのサウナに行ったら居なくなってました。僕はここの主ですが。」
「(アンコールにて)みなさんの交通安全を祈願して星に願いを」


総括しますと、ちょっとライブハウスの音の鳴りが良くなかったんですが、それでもバンアパの演奏は凄くイイです。とにかく踊れますし、身体を揺らすだけでテンションがあがります。セカンドの曲も大半はライブで初めて聴く曲ばかりだったんですがどれもグルーヴィーな演奏で満足でした。

次回は明日のシェルターでのライブをレポします。
出来れば当日か翌日中に。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/234
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー