Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< くるり 「図鑑」 | main | Syrup16g 「COPY」 >>

くるり 「さよならストレンジャー」

さよならストレンジャー

くるりの一枚目のフルアルバム。
グレイで有名な佐久間正英プロデュースです。

サウンド面では今後見られる音楽的雑食さはまったく見せることなくはっぴいえんどから通じる日本のフォークやロックの系譜にある音になっています。

正直、このアルバムは「ランチ」や「オールドタイマー」のほかでは、シングルになった名曲「虹」や「東京」以外の曲はそんなに好きではないのですが、その分この2曲はくるりの曲の中では相当高い位置にある曲だと思います。

特に「東京」は詞も曲も最高ですね。詞で気に入っているのは
話は変わって今年の夏は暑くなさそう
あい変わらず季節に敏感にいたい
という部分。この言葉は岸田氏の作詞の素晴らしさが特に出ている部分だと思います。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/219
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー