Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< FreeTEMPO 「Oriental Quaint」 | main | DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN 「MUSICAL FROM CHAOS」 >>

the band apart ライブレポート 3/26 SHIBUYA BOXX

今日はTVのイベントM-ON! Rookies2にバンアパが出るというのではるばる渋谷区神南まで行ってきました。今日イベントに出るのはthe band apartとDEPAPEPEとRYUKYU DISCOです。でも見たのは最初の2組だけでした。

一番手は以外にもバンアパでした。
まずは今日のセットリストを。

01.higher
02.amplified my sign
03.Snowscape
04.coral reef
05.cerastone song
06.FUEL
07.Eric.W
08.k.and his bike


今日は久しぶりのバンアパのライブということでメンバーが登場する前からテンションが変な感じだったけど、最初に「higher」のドラムが聴こえたときからテンションが上がりました。ライブで後方で横ノリで見ていました。

「higher」をライブで聴いたのは初めてでしたが原氏のベースがよく響いて良い感じでした。そして、シングルと同じようにそのまま「amplified my sign」へ流れ込む展開。この曲も生では初めて聴いたのですが、やっぱり生だとグルーヴ感がCDとはぜんぜん違いました。

その後MCへ。いつものように荒井氏が告知などを行い、つぎは原氏が『今日はこのようなオシャレなイベントにわれわれのようなバンドがお招きいただき大変困惑しております。』といったような微妙なMCを言って、荒井氏の『新曲をやります』とのMCから新曲「coral reef」を演奏。

この曲は激しめのギターリフに荒井氏の美しいメロディが乗り、展開が若干複雑でありながらそれでいて即効性があるという、とどのつまりがバンアパらしい最高の曲であるということです。間奏の川崎氏のギターリフが中華ぽかったのが印象的でした。これは新アルバムが楽しみになります。

その後は「k. and his bike」からの曲なので特にレポはいたしません。ま、いつものように最高だったということだけです。

MCは荒井氏が『髪を切ったら木暮から石原裕次郎に似てると言われた。』と言って客席から裕次郎呼ばわりされたのと、原氏の『このあとはオシャレな人たちがでるのでみなさんもオシャレになってください。』とか言ったのを覚えています。



2番手はDEPAPEPE。

やった曲はわかりません。音源持ってないので。
アコースティックギターデュオとのことでしたがタワレコで視聴したことがあったのでだいたいどういうのかはわかっていましたが、やっぱりライブはいいですね。

歌ってもまったく違和感のないようなメロディーが印象的でまさに歌うギターという感じ。メンバーがバンアパのファンのようで「Eric W」のカバーをアコギで少しだけやってくれました。



最後のRYUKYUDISCOは見なかったので割愛します。
バンアパの次のライブは5月の代官山UNITですが、チケット取れたらまたレポするつもりです。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/216
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー