Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< 小沢健二 「刹那」 | main | BACK DROP BOMB 「MICROMAXIMUM」 >>

blur 「the best of」

ザ・ベスト・オブ(限定盤)

UKのポップバンド、ブラーの集大成ともいえるベストアルバム。オアシスの骨太なロックとは対照的な知性溢れるポップセンスが魅力的な名曲が詰まったアルバムとなっています。

最初、僕はオアシスが大好きで何かと比較されるブラーは聞かず嫌い感があってろくにアルバムも買わずにいたのですが、ベストアルバムぐらいはチェックしておこうかと思って聞いてみたらビックリ。最高に良いバンドじゃないかと感嘆させられました。デーモンの捻くれているけどポップで独特のメロディとグレアムの気持ちいいギターのコンビネーションに完全にやられましたね。

この作品は曲もバラエティに富んでいて『Song2』のような静と動のコントラストの激しいロックもあり、『End Of A Century』や『Tender』のようにライブで合唱したくなるようなバラッドもあれば、深い叙情性を持つ『This is a low』といった曲なんかもあります。

しかし、やっぱりブラーの最大の魅力はポップ色の強い曲であると言えるしょう。『Parklife』、『Girls & Boys』、『Charmless Man』、『Country House』などはもうイントロ聞いた瞬間から体を揺らしたくなってメロディを口ずさみたくなるような曲ばかり。名曲です。

グレアム脱退後のブラーもダブ色が強くなってそれはそれで好きなんですが、上記のような無敵のポップ感がなくなって寂しい気もします。ポップな曲が聞きたい人はベスト盤がオススメです。あとメロディが良いので洋楽初心者にも聞いて欲しいです。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/190
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー