Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< THE STROKES 「IS THIS IT」 | main | Syrup16g 「HELL-SEE」 >>

ZAZEN BOYS 「ZAZEN BOYS (1st ALBUM)」

ZAZEN BOYS

元ナンバーガールの向井秀徳が中心となって結成されたザゼンボーイズのファーストアルバム。ナンバーガールは人気の高いバンドであったため当然ザゼンボーイズにも注目が集まりました。

しかし、本作で鳴らされている音はナンバーガール時代とは違うダブやポストパンク、ヒップホップ等を取り込んだ新しいサウンドだった。向井のシャウトもラップやファルセットが多くなり、戸惑ったナンバーガールファンも多いかと思います。でもやはり「NUM-HEAVYMETALIC」以降もナンバーガールがあったのならこんなサウンドになっていたと思います。後期は上記にあげたようなサウンドを今ほどではないけど取り入れていたので。

以下曲紹介。◆USODARAKE』は変調が気持ち良いザゼン流ミクスチャー。ァCOLD SUMMER』はナンバーガールに近い感じかな?Α愕戦前夜』は9分近くある長尺ナンバーでアヒトイナザワのドラムソロが聴き所。『SI・GE・KI』は向井のラップが印象的な曲でベースが良い。そして何より『自問自答』が最高!ナンバガ、ザゼンを通じて向井の最高傑作だと思う。東京での一人暮らしの男の心境を吐露したリリックが凄まじい。

ひとつ残念なのは音の悪さ。向井の個人スタジオであるMATSURI STUDIOで録音したせいかいまいち良くない。セカンドアルバムではその点は改善されているので心配ないですが。
disc review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/182
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー