Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< Syrup16g 日比谷野外大音楽堂 10/10 ライブレポ | main | BECK 「ODELAY」 >>

ハナレグミ 「音タイム」

音タイム
ハナレグミ 「音タイム」

SUPER BUTTER DOGの永積タカシのソロユニット、ハナレグミの1stアルバム。この作品はとにかく「歌」が良いアルバムだ。

永積タカシの歌声は本当に心に染み入るように優しい声をしていて、なおかつ彼が歌う全ての言葉に力がある。そんな素晴らしい歌い手だ。メロディも素直なグッドメロディが多くて、チャートにあがる音楽しか聴かないような人にでも引き付ける魅力がある。

楽曲のアレンジもアコースティック主体の歌を引き立てるものになっている。それにバックバンドもクラムボンから原田郁子(KEY)とミト(B)、POLARISからオオヤユウスケ(G)と坂田学(DR)と豪華かつ腕利きの面々で素晴らしい演奏を聴かせてくれる。

オススメの曲はタイトルナンバーの「音タイム」、歌も詞も最高のバラード「家族の風景」、カバー曲の「JAMAICA SONG」、楽しいピアノが大活躍の「かこめ かこめ」、TOKYO No1 SOUL SETのBIKKEがゲスト参加した「ナタリー」、しっとりと歌い上げる「一日の終わりに」。とアルバムの大部分がオススメの曲になってしまった名盤。

どの曲も歌が立っている優しいナンバーばかりなので、広く万人に聴いてもらいたいアルバムだ。
disc review | permalink | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント

はじめまして。
私もハナレグミファンです。
私の周りにハナレグミファンがいないので
こうしてハナレグミファンの方に出会うと
とても嬉しいです。
ハナレグミ | 2010/07/09 5:50 PM

ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/173
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー