Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
| main | The Clash 「LONDON CALLING」 >>

the band apart  「Smooth Like Butter!!」 12/23

Eric.W
the band apart

記念すべき初めてのライブレポートはthe band apartです。4人編成のバンドで03年9月に1stアルバム「K. AND HIS BIKE 」を発売。今回のライブもそのレコ発ツアーSmooth Like Butter!!の追加公演なのです。

17時に渋谷に着き、オンエアーイーストへ向かいました。道中、少し道に迷いましたが遅れることなく到着。入り口の列に並んで17時半の開場を待ちました。
開場すると、例のごとくチケットの番号順に入場。自分の持っていたチケの番号は30番だったんですが、5,6人目ぐらいに中に入ることができました。さっそく中のロッカーに荷物と上着を詰め込んで、場所取りへ。今回は後ろの方でマッタリ見たかったので、後方の一段上がった所のステージ正面を確保。開演まで時間があるのでボケーーーッとして時間を過ごす。

18時半、対バンのO-FRONTが出てきて開演。
O-FRONTは王道のギターロックという感じの音で好感を持つ。ヴォーカルもいい感じ。今日演った曲の中では「だんご虫」と「白い蛇」が気に入りました。

対バン2組目はLO-Lite。
個人的にはあんまり好きな音ではなかったですね。ギターがきいてるバンドだとは思いましたけど。

さて、次は今日の真打ちthe band apartが登場。
はっきり言って曲順をあんまり覚えてないので少しずつかいつまんで感想を。
最初、4人が出てきて「FUEL」のイントロを鳴らしたときは一瞬で鳥肌が立ちました。
もうね、ただひたすらカッコいいんですよ。バンドアンサンブルも完璧だし、個々のテクニックをめちゃめちゃ高くて凄い音を出すんです。よく雑誌なんかで使われる表現のいわゆるバンドの化学反応ってヤツを始めて体でわかった気がしました。

メンバーの4人の見た目もバラバラなんですけど、みんなオーラが出ててかっこいい。荒井さんは男前だし、原さんは動きが気持ち悪くて、それが逆にかっこいいし川崎さんと木暮さんはひたすら演奏に集中していてかっこいい。MCは原さんと荒井さんが半々でやってましたが、原さんは渋くて、荒井さんは好青年な話し方でした。

シングル曲でもある「fool proof」や「Eric.W」のときにはフロアの盛り上がりは最高潮に達していて、前方ではダイブまで起こっていました。全ての曲が最高にかっこいいのでまったくダレることなく続いていき、ラストの「WHEN YOU WISH UPON A STAR」と「K. AND HIS BIKE (曲のほう)」のときには僕はライブの終わりをかみ締めながら、余韻に浸ってました。

ライブ終了後の帰りの電車の中僕は、アルバムをMDで聴きながらまたライブに行こうと決意したのであります。

某巨大掲示板より抜粋
1.FUEL
2.UGLY
3.ANARQ
4.silences
5.Take a shit
6.snowscape
7.fool proof
8.August Green
9.Eric.W
10.GIVE A LITTLE WHISTLE
11.in my room
12.When You Wish Upon A Star
13.K. and his bike

まだ、the band apartを知らない人はとにかく音源を一度聴いてみてください。
ぜったいライブに行きたくなりますよ。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |

この記事に対するコメント


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/140
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー