Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |
<< チェコ戦 | main | ジーコ解任要求集会は延期 >>

ジョージ朝倉 「少年少女ロマンス」


別冊フレンドで連載していたジョージ朝倉の初連載作品。

話の内容はというと、いつか王子様が自分の前に現れることをなぜか信じて疑わないアホな女子高生の蘭と、そんな蘭の理想の王子様になるべくアメリカから転校してきたが素直になれない右京との恋愛物語。 基本的にはお互いに好きあっているのだけれど、ちょっとしたすれ違いのせいで離れたりくっついたりを繰り返していく2人の恋の行方は?という感じです。

初めて読んだときにはその漫画から発せられるパワーに圧倒されました。

蘭の友人に馬鹿にされながらも王子様を夢見続けるパワー。素直になれないあまり蘭をいじめてしまう右京の葛藤のパワー。2人のどうにもならない愛ゆえに暴走するパワー。 もう本当にこの2人の行動のパワーがひしひしと伝わってきてこっちまで気持ちが昂ぶってしまいます。

後半、一度は付き合い始めるもののお互いの理想と現実のギャップに悩み、2人とも疲れてしまう場面では、今までのパワーはどこへいったのか2人は一度わかれてしまいます。しかし、この作品の真の凄さはこの後です。王子様願望を捨て、普通の女子高生になった蘭の前に右京が戻ってきてからの展開はすさまじいほどのエネルギーにあふれています。読後感はこの2人のエネルギーのおかげでとてもすがすがしいものでした。


巻末に収録されている「少年ロマンス」「少女ロマンス」も秀逸。

蘭と右京の後日談と、宗一郎の新しい恋についての話です。こちらも恋愛における1つのテーマである失恋後について描かれていて、なにかモヤモヤしたものを抱えながらも新しい恋に向かう宗一郎は本編とは違う一面を見せています。

恋愛における理想とギャップ。このテーマをギャグを交えながらもロマンティックに描いた良い作品でありました。
comic / novel | permalink | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://karma.jugem.cc/trackback/130
この記事に対するトラックバック
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー