Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

the band apart live report 11/22
工学院大学新宿祭 唯我独音

今日のセットリストです。
01.coral reef
02.violent penetration
03.night light
04.higher
05.amprified my sign
06.my world
07.real man's back
08.FUEL
09.Eric.W
10.K. and his bike

11.quake and brook
初めての2夜連続でのバンアパ、そして学園祭でのライブということでしたが、やっぱりいつもの彼らだった。場所は工学院のビルに入ったところの吹き抜けていたアトリウムにステージを設置して行われました。肝心の音は左右のスピーカーのバランスが少し悪いのと、音の跳ね返りがちょっと気になった。

ライブの内容はというと、今日も荒井さんは口笛が上手く吹けずに客から手拍子が起きて気まずそうな顔をしてました。それに「higher」から「amprified my sign」に入るときにも機材にトラブルがあったのかギターの音が出なくてスムーズに移行出来なかったのを記憶しています。

昨日軽いミスがあった「real man's back」が今日はいい感じで演奏されてグッドでした。後半、川崎さんがギターを頭まで持ち上げたあと倒れこむような場面があって、それにつられてこっちもかなりアガった。あと、原さんがフロアに近い最前のほうまで寄ってきて演奏してたのもアガりましたね。

MCでは原さんが「K. and his bike」の前で最後っ屁なので頑張りますと言ったり、『勉学に励んでる皆さんもたまにはこういう日も必要だと思います』という発言や、昨日と同じように『次の曲はEric.Wです』と言って客をわかせたりしてた。何より『大変気持ちいいです』というMCは、やっぱり彼らは本当に楽しんで演奏してるんだなあというのが伝わってきました。

荒井さんはいつものように告知をしたりしてたけど、学園祭ということでいつも以上に丁寧に告知の説明をしてました。あと、アンコールで登場したときに、少しDVDのオフショットに関する軽いネタばれもあったり。さらに木暮さんがアンコールで出てきたときにコケて、『見ての通りダサい2人です』とまた自虐ってました。

客層も前の方は若い人が多くoioiが出たりして、比較的にまったりしてた昨日のシェルターと違って凄く盛り上がってた。整理券が全て配布されなかったようなので後ろの方はスペースがあって前後で住み分けが出来てたし、学園祭ということでこういう風なノリだとは思っていましたので、oioiが起きたりしても気にせずに楽しめました。

2日間バンアパを見てもまったく飽きず、むしろより楽しくライブに参戦できているので、本当に彼らの音楽は最高だとまた認識した次第です。次は12月4日のSHIBUYA-AXでのライブに参戦予定です。
live report | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

the band apart live report 11/21
asian gothic presents SMOOTH LIKE BUTTER

まずはセットリスト。
01.FUEL
02.coral reef
03.violent penetration
04.higher
05.amprified my sign
06.my world
07.real man's back
08.Eric.W
09.K. and his bike

10.quake and brook
1番手LO-LITE、2番手mock orangeでトリがバンアパでした。

最初に3曲続けて演奏。今日も今日とてメンバーのテンションが高い。しかし、そのせいなのか「violent penetration」で荒井さんがエキサイトしすぎて口笛を失敗。そのあとのMCで荒井さんが自虐って笑いを誘ったり、原さんがフォローする場面も。今日は結構細かいミスがあった気がするけどまあ、ぜんぜん許容範囲内。

シェルターでバンアパがライブをするといつも原さんの低音が良く聞こえるので、原さんを中心にして楽しむ。狭いシェルターのステージの上を動きまくる原さんを目で追いながらノる。原さんは途中トイレットペーパーで鼻かんでました。12月に出るDVDの告知で、オフショット映像について『スタッフを虐待する映像を2時間収録してます』的なことを荒井さんがMCしたのが面白かった。

MCで『次はEric.Wという曲をやります』と紹介して、そのままファーストアルバムの流れで本編最後は締め。この2曲はライブ映えする曲なので何回聴いてもまったく飽きない。

終了後、拍手でアンコールが起きてメンバーが登場し、原さんが何をやるのか確認した後に「quake and brook」を演奏。合計で10曲のライブでした。


どうでもいい話ですが、「K. and his bike」が終わった直後にものすごく深いお辞儀をする荒井さんが最高に好きです。
live report | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

the band apart live at shimokitazawa shelter 10/7

ローライトのレコ発ライブにゲスト出演したバンアパを見る。ブッチャーズが一番手でバンアパが2番目でした。
01.FUEL
02.coral reef
03.violent penetration
04.higher
05.amplified my sign
06.Take a shit
07.My World
08.K. and his bike

ライブでは久しぶりに「take a shit」を聴けたのでよかった。バンドのテンションも高くて気合が入ってたけど、曲数も少なかったし、やっぱりバンアパにはもっと上を期待してしまうという贅沢な感想を持ちました。MCは荒井さんの告知が主だったものだったので今回のレポートはこの辺で。


予断ですがやっぱりブッチャーズは格好良い。
ひさ子をほぼ最前列からで見れたし、12月が楽しみだ。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

SMOOTH LIKE BUTTER 9/16 Zepp Tokyo live report

the band apart "set list"
01.snowscape
02.higher
03.amplified my sign
04.violent penetration
05.coral reef
06.night light
07.my world
08.M.I.Y.A
09.cerastone song
10.FUEL
11.quake and brook
12.from resonance
13.Eric.W

14.real man's back
15.K. and his bike
今回は2階指定座席のチケットを買っていたのでゆったり見れました。バンアパの出番になったら1階の後ろのほうは空いてたのでそこに移動しましたけれど。

まずはゲストのancient greeksの感想から。

MCで荒井さんが言っていたように今日は1stアルバムからの曲が多かったみたいですね。俺は2ndしか持ってなかったので初めて聞いたんですけれど、正直1stの曲の方が良いなぁと。ロックぽいし、ベースが動きまくりですげーと思いながら見てました。今度1stも聴いてみようかなと思います。


さて、今回のバンアパですが、やっぱり最高でした。

いきなり「snowscape」から始まって早くもテンションがあがる。そして木暮さんのドラムからRECOGNISE.epの2曲が始まる。「amplified my sign」ではひたすら踊りまくり、この最初の3曲の時点で完璧にノックアウトされました。

恒例の「violent penetration」での荒井さんの口笛ですが、今回はあんまり上手くできなかったようで首を傾げるシーンもありました。「night light」ではライブだとアレンジが全然違っててそれが凄く良かったです。前に聴いたときにはイントロが追加されただけだったのに。川崎さんのギターがものすごく格好良くなっててこの曲がより好きになった気がします。あと、「M.I.Y.A」で荒井さんがギターを交換してました。あんまりよく見えなかったので種類は不明でしたが。

あとはもうひたすらに良い演奏を良いテンションでやってて、バンドとしての貫禄が出まくりでした。最後の「Eric.W」で踊ってたときには本気で世界で一番のバンドだと思ったりしたくらい。アンコールは2曲で最後は「K. his bike」でした。原さんが大暴れしてたのが印象的です。


そして、本日のMCでは荒井さんがゲストのancient greeksに対する感謝と、明日のNESTのライブに行くということや、ツアーファイナルの地震でこれなかったヒトの話をしたり、友人におまえのMCは結婚式のスピーチみたいだと言われたといったことを喋ってました。個人的には原さんみたいな笑いをとるMCも好きですが、荒井さんみたいに人の良さがにじみ出るようなMCも好きですけどね。後は告知ばっかりしてました。

一方、原さんは昨日ancient greeksのCDを聞いた後輩をとんだミーハー野郎だと罵ったり、客席の女性から意味不明の声を浴びて、それをいじったりしてました。今日のMCはいつもより少なめだったような気がします。


前回のライブレポートで客のライブでの楽しみ方についてちょっと愚痴りましたが今回はなかなか良かったんじゃないでしょうか?ダイブも出ましたけど以前にくらべれば少なくなりましたし。どんなライブでも自分と違う方法でライブを楽しもうとする人はいるので、この程度ならぜんぜん許容範囲内です。

そんなわけでまたしてもバンアパは最高でした。そのノリで帰りにブッチャーズとのツアーのチケットを衝動的に買って帰りました。なので次は11月のシェルターか12月のAXでのライブに行く予定です。
live report | permalink | comments(2) | trackbacks(0) |

the band apart 7/23 @studio coast

Eric.W

今日は7時から新木場でバンアパのライブ。
のはずが何故かいまだ中央線の中にいるという状況。4時半に起こった地震のせいで電車が動かずもう2時間もこのまま。ライブハウスに電話したら8時からの開演に変わったらしいけど。結局4時間も電車に乗って実際についたのは9時前になってしまった。

中に入ってみたら「SNOWSCAPE」をやってました。
半分近く見れなかったっぽい。

昨日の疲れが残っているので短いですけどライブレポを書きますと、バンドの演奏はすごく気合が入っていてました。川崎さんはギターを変えてたりしたけど演奏はずっとしっかりしてた。曲もファーストの曲が多かったり、「Augast Green」や「UGLY」といったシングルの曲をやってくれたので満足。でも、会場の音が少し良くなかったかなと思います。大きいところなのでしょうがないですが。

今日は理由がワンマンなのか分からないですがダブルアンコールだったのも良かった。遅れていった分だけ少し消化不良ですが、それだけ気合い入れて楽しみました。この消化不良分はZEPPTOKYOでのライブに行くことで晴らそうかなと。

覚えているMCもあるんですが、みなさんも気付いていたと思いますがカメラが多くいましたよね?バンアパスレを見たら今日のライブは今年中にはDVDで発売するそうです。なのでそれを見てのお楽しみということで。

最後にチラシの裏的なことを書きます。

もうバンアパのライブに通うようになってだいぶ経ちますけど、相変わらず客のマナーが悪いです。ダイブにオイオイコールは本当にやめて欲しい。もう自分はバンドの演奏に集中してそんなのは気にしてないんですが、気にするヒトもいるし、それが原因でライブに来なくなるのはやるせない。それに会場にダイブ、モッシュ禁止ってビラが貼ってあったのだし。あと、今日は「K. and his bike」で手拍子が起きたのはさすがにガッカリしました。あれがDVDに収録されると思うと本当に残念。

セットリスト(転載したものなので真偽不明)

01.coral reef
02.violent penetration
03.night light
04.ANARQ
05.from resonance
06.forget me nots
07.M.I.Y.A
08.higher
09.amplified my sign
10.Snowscape
11.FUEL
12.Take a shit
13.in my room
14.Augast Green
15.my world
16.Eric.W
17.cerastone song
18.real man's back
19.quake and brook

20.UGLY
21.fool proof
22.K. and his bike

23.When you wish upon a star


帰りの電車でも満員電車の中3時間かかってやっと家に着きました。
こんなに疲れたのは久しぶりですよ。ほんと。

追記;オフィシャルで以下のような告知があったので一応転載。
7/23 the band apart 新木場スタジオコースト公演へご来場できなかったお客様へ

当日16:30頃発生した地震の為、ご来場できなかったお客様はメンバー及び主催者の意向により、9/16 Zepp Tokyoにて行なわれるthe band apart出演イベントasian gothic presents "SMOOTH LIKE BUTTER"へ未使用の7/23 新木場スタジオコースト公演のチケットでそのまま、ご入場いただけるようにしました。

尚、7/23公演に関するチケット代の払い戻しはございませんので
あらかじめご了承ください。
2005/9/16
asiangothicpresents"smooth like butter"
at ZEPP TOKYO
ACT:the band apart
LO-LITE
GUEST:ANCIENT GREEKS
OPEN 18:00 START 19:00
TICKET:ADV2800YEN DAY3300
TICKET INFO:DISK GARAGE03-5436-9600
先行チケットはこちらですDISK GARAGE
live report | permalink | comments(4) | trackbacks(1) |

the band apart @下北沢シェルター 6/25

quake and brook

ツアーの合間のシェルターでのライブです。荒井氏いわくどうしてもシェルターでやりたかったそうです。個人的には対バン54-71の印象が強すぎでしたが。

とりあえずセットリストを。他の場所と曲順はまったく同じらしいので間違ってると思いますけど、高崎のを転載します。
01.coral reef
02.violent penetration
03.from resonance
04.cerastone song
05.night light
06.forget me nots
07.Eric.W
08.my world
09.higher
10.amplified my sign
11.FUEL
12.M.I.Y.A
13.real man's back
14.Snowscape
15.quake and brook

アンコール
16.When You Wish Upon A Star

6時40分くらいにシェルターについてチケットの半券を切ってもらっていると原氏がやってきました。いつも開演前はうろうろ徘徊している姿を見ますがあんなに間近で見たのは初めてでした。

なにぶんセットリストが前回と同じだったので、曲ごとの感想は無しで全体としての感想を言いますと、演奏の出来自体はいつもと同じ感じで最高でしたが風邪をひいていたらしい原氏のコーラスがあまり出ていなかったのが少し気になりました。

あと、今回は川崎氏が凄かったです。いつも首を身体ごと縦に振りながらギターを弾いてますが、今回はもう最初から最後までずっと激しく動き続けて見てるこっちがアガりました。

どうでもいいですが「Eric.W」の最初のドラムがリズムをとるところから曲に入るところを完璧に覚えてしまってまして、一人で最後のブレイクのところで『1,2,3,4!』って叫んでしまいました。すみません。それに今日はダイブが起きなくて良かったです。

恒例のMC。まずは荒井氏。
「沖縄でライブをしたときに2時間だけ海で遊んだんですが、それだけで日に焼けてしまいました。完全に火傷です。それを隠すために今日はオレンジのTシャツを着てきました。どこからどこまで肌なんだっていう。」
「どこ行っても同じ曲順で申し訳ないんですけど、今日2曲目にやったやつも、代官山ではぜんぜん吹けなかったんですが中国、四国、九州を回ってもダメだったんですが、さっきのは今までで一番良かったんじゃないかと思います。やっぱりちょっとスースーなってましたが。」

アンコールにて
「今までアンコールなんか・・・って思ってたんですが、てめえらで勝手にツアーしたくてCD出して、多分俺らより若い人たちがオイオイ、マテマテと言うわけですよ。そこで俺らが天狗になっちゃいけないだろうと。」
「どこいっても同じ曲をアンコールでやってるんで何やるのかわかってる人もいると思いますが言わないでください。」

そして原氏。
「54-71の後で非常にやりずらいんですが、あんなのやられちゃったらもうやる気を失くしますよ。僕もさっき見たんですが速攻でトイレに行ってゲロはきました。あのさなかに2回も。」
「ツアーに風邪薬を糞のように持っていったんですが風邪をひかなかったんです。そんで沖縄に行ったら風邪をひきました。すごく頭痛がします。頭を振ってるのに。頭を振ってるときはコイツ頭痛いのにやってるんだなって思ってくれれば幸いです。」
「この前医者に行ったらレントゲンをとりまして、医者に死ぬぞと言われました。さすがに死ぬのは困りますので残り半分余生を楽しみたいと思います。」
「(アンコール)家内安全を願って星に願いを」

今回も後ろの方でとにかく踊ってました。1週間前とセットリストが同じなのにまったく新鮮さが薄れてないのが凄いです。ところでライブに行く度に思うんですが、僕は本当にこの4人が大好きなんだなって思います。

次は新木場です。
live report | permalink | comments(4) | trackbacks(1) |

the band apart @高崎FLEEZ 6/16

K.AND HIS BIKE

セカンドアルバム「quake and brook」のレコ発ツアーの後半戦1回目である高崎はclubFLEEZでのライブレポートです。僕の地元でのライブということで東京からわざわざ実家に帰って見に行きました。

曲順はぜんぜん覚えてませんが一応セットリストを。
01.coral reef
02.violent penetration
03.from resonance
04.cerastone song
05.night light
06.forget me nots
07.Eric.W
08.my world
09.higher
10.amplified my sign
11.FUEL
12.M.I.Y.A
13.real man's back
14.Snowscape
15.quake and brook

アンコール
16.When You Wish Upon A Star

もうライブから1週間が経過しているんで、対バンのブッチャーズ、ドルチェに関しては記憶が薄れてきてレポ出来ないです。すみません。ただ憧れだったひさ子嬢を拝められたことは満足でした。

さて、バンアパです。

一曲目からアルバムのリード曲『coral reef』。イントロが鳴った瞬間から会場のテンションが一気にあがってました。川崎氏の中華風リフもバッチリキマって最初から最高の出来です。

次の『violent penetration』の口笛は荒井さんが吹く。代官山ではダメダメ
だったらしいですが何とかなってたように思います。この辺でテンションが上がりすぎて3曲目からは曲順の記憶が無いです。

気になった曲だけ書くと『night light』のイントロはアルバムと違っていて一瞬何の曲だか解らなかったこととか、『M.I.Y.A』の荒井氏のボーカルのエフェクトがCDと違ってたことですかね。

あと、ファーストアルバムの曲はすごく盛り上がります。まあ、今回のライブは若い子が多かったみたいなんでダイブも発生しましたし。個人的にはセカンドの曲はリズムがディスコ風味な曲が多いので踊れて好きなんですけどね。

記憶が曖昧ながら覚えているMCを、まずは荒井氏から。
「FLEEZEのライブはいつもおとなしい印象があったから、普段と同じズボンをはいてきんですけど失敗でした。」
「(アンコールについて)もう終電が近いのでライブハウス側はアンコールは無しと言ってるんですけど・・・ (客はみんなアンコールやる気なのでそれぞれ声をあげる) それじゃやります。電車がなくなりそうな人はナウ帰ってください。僕たちは車だから平気ですけど。」

続いて原氏。
「凄い湯気ですね。まるで加湿器ですよ。」
「よく行くサウナにTVのリモコン権を握っている主みたいな人がいるんですけど、この前そのサウナに行ったら居なくなってました。僕はここの主ですが。」
「(アンコールにて)みなさんの交通安全を祈願して星に願いを」


総括しますと、ちょっとライブハウスの音の鳴りが良くなかったんですが、それでもバンアパの演奏は凄くイイです。とにかく踊れますし、身体を揺らすだけでテンションがあがります。セカンドの曲も大半はライブで初めて聴く曲ばかりだったんですがどれもグルーヴィーな演奏で満足でした。

次回は明日のシェルターでのライブをレポします。
出来れば当日か翌日中に。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

the band apart ライブレポート@タワレコ新宿店 5/11

Eric.W

セットリストです。
1. cerastone song
2. higher
3. amplified my sign
4. coral reef
5. my world
6. from resonance
7. Eric.W
昨日、タワーレコード吉祥寺店でバンアパの新譜を買ったら、なんと11日に新宿店でやるインストアライブの整理券をもらったので、授業をサボって行って来ました。屋上でやったのでちょっと音の鳴りが良くありませんでしたが、それはまあインストアライブですので仕様がないです。


最初の3曲は前のアルバムとシングルから。この曲たちは今までのバンアパの曲の中ではセカンドアルバムの曲に似てるような気がします。

それにしてもライブでの「higher」〜「amplified my sign」の流れはマジでヤバい。木暮氏がドラムでリズムを刻んで最初にギターが入ってくるところなんかは本当に萌える。そんで「higher」の最後ジャムっぽい演奏になってから荒井氏が「amplified my sign」のリフを弾くところも最高であります。

MCを挟んで休憩した後セカンドアルバムの曲へ。

アルバム一曲目でもある「coral reef」。これはライブで聴くとグルーヴが増して凄い。原氏の体に響くベースラインが最高に気持ちいい。川崎氏の中華風のギターフレーズもばっちりキマる。

そんで「my world」へ。これは現時点でアルバム中一番好きな曲だったのでさっそく聴けて感動。この曲は何もかもが最高ですが、特にサビの部分は本当に萌えます。川崎氏のギターソロもシティポップぽくて良いです。あと、原氏の顔と動きはこの曲が一番キモかったですね。(褒め言葉)

セカンドアルバムから最後の曲は「from resonance」。この曲でも川崎氏のギターが凄い。あんな速弾きをライブでもできるなんてさすがだ。荒井氏の歌も気合が入っていた。

またも休憩MCを挟んで最後の曲「Eric.W」へ流れ込む。
いつものイントロを演奏したときの歓声が凄かったのでやっぱりみんなこの曲が好きなんだなと再認識。俺もCDで100回くらい聴いたけど全然飽きません。踊り狂ってる間にいつのまにか終了。

今回のバンアパのライブ、インストアとあって曲数が少なかったですけど、やっぱり彼らは最高です。代官山に行けない分楽しんできたと思うのであります。
live report | permalink | comments(5) | trackbacks(2) |

the band apart ライブレポート 3/26 SHIBUYA BOXX

今日はTVのイベントM-ON! Rookies2にバンアパが出るというのではるばる渋谷区神南まで行ってきました。今日イベントに出るのはthe band apartとDEPAPEPEとRYUKYU DISCOです。でも見たのは最初の2組だけでした。

一番手は以外にもバンアパでした。
まずは今日のセットリストを。

01.higher
02.amplified my sign
03.Snowscape
04.coral reef
05.cerastone song
06.FUEL
07.Eric.W
08.k.and his bike


今日は久しぶりのバンアパのライブということでメンバーが登場する前からテンションが変な感じだったけど、最初に「higher」のドラムが聴こえたときからテンションが上がりました。ライブで後方で横ノリで見ていました。

「higher」をライブで聴いたのは初めてでしたが原氏のベースがよく響いて良い感じでした。そして、シングルと同じようにそのまま「amplified my sign」へ流れ込む展開。この曲も生では初めて聴いたのですが、やっぱり生だとグルーヴ感がCDとはぜんぜん違いました。

その後MCへ。いつものように荒井氏が告知などを行い、つぎは原氏が『今日はこのようなオシャレなイベントにわれわれのようなバンドがお招きいただき大変困惑しております。』といったような微妙なMCを言って、荒井氏の『新曲をやります』とのMCから新曲「coral reef」を演奏。

この曲は激しめのギターリフに荒井氏の美しいメロディが乗り、展開が若干複雑でありながらそれでいて即効性があるという、とどのつまりがバンアパらしい最高の曲であるということです。間奏の川崎氏のギターリフが中華ぽかったのが印象的でした。これは新アルバムが楽しみになります。

その後は「k. and his bike」からの曲なので特にレポはいたしません。ま、いつものように最高だったということだけです。

MCは荒井氏が『髪を切ったら木暮から石原裕次郎に似てると言われた。』と言って客席から裕次郎呼ばわりされたのと、原氏の『このあとはオシャレな人たちがでるのでみなさんもオシャレになってください。』とか言ったのを覚えています。



2番手はDEPAPEPE。

やった曲はわかりません。音源持ってないので。
アコースティックギターデュオとのことでしたがタワレコで視聴したことがあったのでだいたいどういうのかはわかっていましたが、やっぱりライブはいいですね。

歌ってもまったく違和感のないようなメロディーが印象的でまさに歌うギターという感じ。メンバーがバンアパのファンのようで「Eric W」のカバーをアコギで少しだけやってくれました。



最後のRYUKYUDISCOは見なかったので割愛します。
バンアパの次のライブは5月の代官山UNITですが、チケット取れたらまたレポするつもりです。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

JAPAN CIRCUIT vol.21 ライブレポート

ココ最近は試験が忙しくてまったくライブに行けてなかったので、久しぶりのライブになったジャパンサーキット vol.21に行って来ました。

ここでは僕が好きなSyrup16gについてだけレポします。

<セットリスト>

01.タバスコ
02.チャイム
03.途中の行方
04.ダーリー
05.Honey's Dead
06.AIR LIGHT
07.STAR SLAVE
08.Take me in
09.Scean through
10.ラファータ

(本編10曲・全新曲・仮タイトル)


<ENCORE>

11.パープルムカデ




シロップの出番は4バンド中最後のトリでした。
サポートギターはいない三人編成。

まず、驚いたのが、中畑の髪だった。彼のトレードマークであった金髪、長髪が黒髪、短髪になっていて、ドラムセットにスタンバイするまでそれが中畑だとは気付かなかった。まるで、どっかの八百屋か魚屋の兄ちゃんみたいな感じだった。


今回は本編は全て新曲。個人的には序盤にやっていたテンポ遅めの曲よりも中盤以降の激しい曲のほうが好き。あと、3曲目はカウントダウンジャパンでやってたやつらしい。

今日はとにかくシロップに圧倒されまくった。今日、他のバンドと一緒に見たせいかシロップのバンドとしての異質さを思い知らされた。新曲をあまりにも多く演奏したので一つ一つの印象が曖昧で、各曲ごとの感想は書けませんが、今までのシロップとは少し違うような雰囲気でした。


記憶が曖昧なので間違ってるかもしれないけど、新曲で印象に残った歌詞は「六本木ヒルズに登ってみたいなぁ」、「奇跡はもう使い果たして、あと残りはすべて消化試合」、「神様お願い正気に戻して」とかいった感じ。

あと、MCでは五十嵐が『今日は全部新曲なので楽しんでもらってないのは承知』とか『人間こつこつ働いていないと駄目になる。そういう言葉ってあるよねぇ? ステップ・バイ・ステップ。デイ・アフター・トゥモロー。ワン・バイ・ワン』という意味不明のMCもありました。あと、キタダマキに急かされて『はい・・・・』と返事する場面も。

本編のラストの曲だけアコギで演奏。曲調やメロディもなんか明るくて今までのシロップには無い曲でした。歌詞もラブな内容ぽかったし。

そして、アンコールは一曲だけやりますと言って「パープルムカデ」。
今にして覚えば、中畑が吠えてたのはこの曲だけだった気がする。演奏は非常に気合が入っていて良かった。3人編成でのムカデは久しぶりだ。



この新曲の量からするとどうやらアルバムが出そうな予感。5月の頭にツアーがあるのでそれまでには出るのでしょうか。ところで、その次のツアーのチケット取れませんでした。ま、今回たくさん新曲聴けたので行けなくても別にいいやと負け惜しみを言って置きます。
live report | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー