Ordinary Man's Karma Blog

それを祈りと呼んでも運命と呼んでも構わない
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - |

FC東京vsジュビロ磐田 07年第3節


http://www.jubilo-iwata.co.jp/live/2007/J070318_877.php


久しぶりの生観戦だったけど今日はマジで感動した!

ファブリシオが前半に退場してすごく危機的な状況になったと思ったけど、守備では秀人や能活の頑張りもあって無失点で守り通し、攻撃ではFWがいないなか西のドリブルでカウンターという展開に。何回か決定機を得たFC東京も平山投入後は攻撃が単調になったのも幸いして何とか耐え切ることができた。得点シーンは後半に加賀がドリブルからFKを得て、上田の完璧なキックから秀人のヘディング!!福西の移籍で因縁のあるFC東京相手に1人少ない中でのこの得点はもう本当に気持ちよかった!その後、西が怪我をして足を引きずりながらプレイしてる姿は本当に泣けたよ…

けが人も多くて今後も厳しい試合が続くと思うけどこれからもしっかりと闘争心を持ってプレイして欲しい。




ここから戦術的な話。

前半、ファブリシオが退場するまでは、ボールは保持するんだけど前線までボールが運べずに奪われるシーンが目立った。そして、そういったことが続いて相手に主導権を握られてしまった。これはやっぱりボールを回してるときの動きの量と質が悪いのが原因。とくに前線に近いところではいいところにスペースが空いてても走りこまないし、たまに走りこんでもボールが出てこない。やっぱり攻撃についてはエースの前田がいないせいもあって、メンバーも固定して戦えていないのが大きなマイナス要因。

10人になった後はカウンター狙いがチームの共通理解となっていたので、11人のときよりもむしろチャンスの数は多かった。これは西や太田といったうちの攻撃的な選手はスピードを活かしたドリブルが得意なプレイスタイルなので、スペースを広く使えるカウンターサッカーのほうが合っているからだと思う。だから前田が復帰してくるまでは今日のように守ってカウンターを狙うしかない。もちろんジュビロの伝統であるアクションサッカーも見たいけど、今の状況じゃ現実的に不可能だと思うから、縦に早いカウンターを狙うサッカーをして欲しい
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

川淵会長にレッドカードデモ

昨日のトリニダード・トバゴ戦は途中でスタミナが切れが切れて運動量が減ったものの、全体的にはオシム監督のやりたいサッカーの意図が見えた好ゲームだった。これから合宿や試合を重ねてもっと精度を高めていって欲しい。また、アレックスが攻撃的な位置で使われて活躍しているのを見ると、この4年間SBで使った人間のダメさがよくわかるw

さて、そんなダメ監督を選び、擁護してきたのに関わらず、まだ権力にしがみ付いている川淵会長に対する抗議デモがその試合後に行われた。これについても各メディアでも取り上げられている様子。一番詳しいのは原宿新聞の「川淵会長にレッドカードを!」 500人超のサポーター、「川淵辞めろ」のシュプレヒコールかな。以下、記事を引用。 
 2-0のスコアでトリニダード・トバゴを下した9日のサッカー日本代表戦。オシム監督による新体制はみごと白星でのスタートとなったが、その一方国立競技場の外では、日本サッカー協会会長・川淵三郎氏の過去4年の責任を問うサポーター有志が集結。「川淵会長にレッドカードを!」との主張を掲げ抗議デモを行った。
 主催した「川淵会長にレッドカードを!」実行委員会の面々は、インターネットなどで募った参加者150人と日本青年館で試合を観戦。試合終了後、午後9時25分には予定通りデモを始めた彼らだが、スタジアムで観戦したグループが加わったことでデモ規模は一気に膨れ上がった。
 少なく見て500人以上のサポーターが、「川淵やめろ!」「Jリーグをなめるな!」などシュプレヒコールを上げ、千駄ヶ谷を行進。手にも「川淵三郎はサッカーの敵」「居座る事こそ無責任 男らしく辞任しよう」などと書かれたプラカードを掲げ、各々の主張を表明した。 
 当初実行委からは参加者の人数を懸念する声もあったが、当日の予想外の盛り上がりには、「とても数え切れないが、もしかしたら1千人近くいるのでは?」との声も漏れるほど。少なくともこの日の熱気を見れば、川渕会長への不満を持つ人が少なくないことを示せた格好だ。
 最後は実行委代表が、「独裁者を倒し、サッカー界に新風を吹き込みましょう!」と絶叫。取り囲んだサポーターが喝采を上げ、この日のデモは終了した。
 なお批判を浴びた側の日本サッカー協会だが、翌日の原宿新聞の電話取材に対しては、「(デモに関する)公式な報告は受けていない」「電話取材には答えられない」と回答するにとどまっている。

写真が一番大きいのはフットボール・ウィークリー
主要な新聞では朝日新聞は記事になっていない模様。
やはり朝日は協会の御用新聞ということなのか。
とりあえずGoogleニュースの検索結果のリンクを貼っておく。
そして、You Tubeでは既にデモの動画がアップされている。

川淵会長にレッドカードを!ヽ( ・∀・)ノ

一方、スタジアムでも抗議は行われたようだ。

川淵ヤメロ「早稲田×古河+電通=0勝2敗1分」

これについてはスポーツ報知でスタジアムでの抗議についての川淵会長のコメントが掲載されている。
彼らも言いたいことがあるだろう。
私は最初からブーイングを覚悟していた


参加者のレポートなどがアップされたらまた追加でエントリーでします。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

オシムジャパン発表

【KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006】日本代表メンバー発表 [ J's GOAL ]
GK 川口 能活/ジュビロ磐田
GK 山岸 範宏/浦和レッズ

DF 三都主アレサンドロ/浦和レッズ
DF 坪井 慶介/浦和レッズ
DF 田中 隼磨/横浜F・マリノス
DF 田中 マルクス闘莉王/浦和レッズ
DF 駒野 友一/サンフレッチェ広島

MF 今野 泰幸/FC東京
MF 長谷部 誠/浦和レッズ
MF 小林 大悟/大宮アルディージャ

FW 我那覇 和樹/川崎フロンターレ
FW 佐藤 寿人/サンフレッチェ広島
FW 田中 達也/浦和レッズ
す、少な!!

と思ったら、オシム監督曰く「A3と日程がバッティングしてしまった。今後はこういうことのないように願います。誰が追加招集されるか、監督になったつもりで楽しみに待っていてください」とのことなのでこのメンバーにガンバ大阪とジェフ千葉の選手が追加で選出されることになりそう。最終的な人数が18人か23人、どっちになるのかわからないけど現時点で13人しか選ばれていないことを考えれば18人が有力。

メンバーについては、オシム監督が日本人らしいサッカーを目指すと語った通り、現段階のメンバーの傾向は日本人の長所であるボール技術の高い選手や、一瞬のスピードや敏捷性の高い選手を選考しているようだ。アテネ世代が多いので今から4年後のW杯を見据えているのもわかる。

また、トリニダード・トバコ戦では川淵会長にレッドカードを!実行委員会がデモを行うようなのでこちらにも注目したい。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(2) |

Good-bye! 川淵さん

サイドのSPECIALに新しい項目を追加しました。
『Good-bye! 川淵さん』バナーです。
クリックするとKET-SEE BLOGさんのエントリーに飛びます。

やはりこのまま協会会長としての責任を逃れての続投は許せない。
微力ながらこうした形で意思表示していきます。

当ブログの関連記事はこちら。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

中田英寿現役引退

中田英寿が現役引退を表明か・・・
振り返ってみると本当に凄いキャリアだ。
五輪を含むすべての年代別世界大会に出場。
W杯最終予選を2回突破し、本大会に3回出場、うち1回はGL通過。
中盤の選手でありながらセリエA一年目で10得点。
ローマではスクデット、パルマではイタリア杯を獲得。
通算8年間欧州でシーズンを戦う。
正直、彼の活躍をもっと見ていたかったので残念だ。しかし、もっと残念なのは彼の経験が若い選手たちに伝わらずに終わってしまうこと。もちろん指導者になっても伝えることが出来るのだろうが、やはり同じチームとして行動し、ともにプレイすることで伝わるものとは違うと思う。ルマンの松井が京都でカズから影響を受けたように、中田にも代表やJリーグでその経験を伝えて欲しかった。そう考えると若手の起用に消極的であったジーコ時代が非常に悔やまれる。

しかし、彼の意思はもちろん尊重すべきであるし、もうこれで彼のプレイする姿を見ることはないのだろう。それならば彼の引退のメッセージに合わせてこの記事も終えるとする。

ありがとう。




余談。

個人的には彼は将来はJFAやAFC、FIFAといったサッカーの政治的な舞台で活躍して欲しいと思っている。数多くのチャリティーマッチで世界的な有名選手と談笑する中田を見ると非常に期待できると思うのだが。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

川淵会長「辞めるのは無責任」

キャプテン「辞めるのは無責任」
 日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンは26日。自身の進退問題について「辞めろという声が多くなってきている。ファンの気持ちを思うと、気が重いし、考えがまとまらない」と苦しい胸中を明かした。W杯の惨敗でジーコ監督を招へいした川淵キャプテンの責任を問う声が噴出。責任の重さは痛感しているが「ここで辞めるのは無責任。代表の成績が悪ければ会長が辞めるという前例はつくりたくない」とあらためて続投の意欲を示した。また、ジーコ監督の会見について「本当に言いたいことは言っていない。個人名を挙げないのを貫き通した。人間的に尊敬する。まねできないね」と最後まで選手個人を批判しなかった指揮官を褒めた。
辞めるのは無責任って・・・

ここは辞めないことのほうがはるかに無責任でしょう。批判している人たちは成績が悪かったから辞めろと言っていたのではなくて、明らかに問題のある監督を選び、擁護してきた4年間の罪について責めているというのに。W杯の結果だけで判断しているわけではない。上記の発言はそれをおそらく意図的に論点をずらすためのものだろう。

そして件の「史上最大の失言」。あんな失態を犯しておいてよくこんな言葉が出てくるものだ。これだけで明らかに日本のサッカー界のトップとして不適格な人物だとわかる。すぐにでも辞めるべきだ。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

次期日本代表監督人事まとめ

ブラジル戦のエントリーにも書いたけど、自分はオシム氏に代表を率いて欲しいと思っている。実績、指導力、人間性、日本をよく知っている、など代表を率いるのに適した要素を備えた人物はいないと思うからだ。まあ、それと協会が誰を選ぶかは別の話なので、噂レベルだけど現時点で候補に挙がっている人物をちょっと考えてみる。

スポーツ新聞などで名前が挙がったことがあるのは以下の面子。
イヴィツァ・オシム 元ユーゴスラビア代表監督 現ジェフ市原監督
ホルガー・オジェック 現FIFATSGディレクター 元浦和レッズ監督
ディディエ・デシャン 前ASモナコ監督
ペリクレス・シャムスカ 現大分トリニータ監督
トニーニョ・セレーゾ 前鹿島アントラーズ監督
マティアス・ザマー 現ドイツ代表テクニカルディレクター
エメ・ジャケ 現フランス・サッカー協会テクニカルディレクター
協会の示した代表監督の条件。
‘本を知っていること
⊆磴てカリスマ性のある人間
8縮鮖代の実績
い△訥度ジーコ路線を継承できる人材



1.イヴィツァ・オシム

今のところ最有力候補。しかし、若くはないので協会の条件からは少し外れている。コーチとしての手腕はジェフを見れば一目瞭然だが、それ以上に人間としての魅力に溢れ、そのサッカー観と経験に裏づけされた発言の数々はオシム語録と呼ばれるほど。

しかし、2chのジェフスレでは以下のタレコミも。
186:オルデネビッツ◆Tc5UFQsDe. :2006/06/17(土) 11:02:54 ID:+t+FGrLG0 [sage]
こんにちは、ジェフスレ。
ご無沙汰してます。
オシムさんを次の日本代表監督に、という声があちこちから挙がっていますね。
最近サッカー協会から打診があったらしいという話がありますが、
私が知っている限り本当です。

しかもそのオファー、オシムさんは断っていません。
断ったのは協会の方です。
オシムさんは、監督を引き受けるための条件を提示しそうですが
(もちろん金銭ではなく体制について)協会側が受け入れられないと断念したのです。
その話を聞いたとき、サッカー協会は日本サッカーの未来のために
本気で改革するつもりはないのだと感じました。
とても残念なことです。

もっともオシムさんは、代表チームよりジェフというチームで
世界を相手に戦いたいと本気で考えているようで、
アジア進出を足がかりにし、世界クラブ選手権にチャレンジできるまで
まだまだジェフを率いるつもりみたいですよ。
A3、皆で応援しましょう。

オルデネビッツ◆Tc5UFQsDe.のタレコミは今まで100%当たる、と言われるほどの信頼度を持つので現時点ではオシム氏の就任はなさそうだ。もちろん、この条件についてお互いに妥協するようなら事態は変わるかもしれない。

2.ホルガー・オジェック

95年に浦和レッズを率い、最近では2000年のコンフェデで日本と対戦している。個人的にその手腕については情報が無さ過ぎるので評価は保留。スポーツ新聞でも彼の名前を挙げる記事の数が少ないので、可能性は低いのかもしれない。

3.ディディエ・デシャン

現時点でオシム氏と並ぶ最有力候補。フランス代表としてW杯優勝した当時のキャプテン。モナコでコーチとなりUCLの決勝進出を果たして将来を嘱望されている。UCLでモナコの試合を見たことがあるけど、サイドを中心に攻守に連動性を持った組織的なチームだった。

古巣のマルセイユ、ユベントスからオファーがあるらしいのでこちらも就任するのかどうかわからない。スポーツ新聞では8割決まりみたいなことが書かれてるけど、どうなんだろうか。

4.ペリクレス・シャムスカ、トニーニョ・セレーゾ

記事は少ないけど、協会の条件を完全に満たす人物。お互いにJリーグでコーチ経験があり、ブラジル人なのでジーコ路線を継承できるのが大きなポイント。

5.マティアス・ザマー

元バロンドールでユーロ96で優勝した名選手。引退後はブンテズリーガでコーチになる。試合は見たこと無いのでこちらも評価は保留。新聞の記事も少ないので可能性は薄いだろう。

6.エメ・ジャケ

98年のW杯で優勝。カントナやパパンを外してジダン中心のチームつくりをしたので世代交代には定評がある。ある記事によると、すでにオファーをしていてたが金銭面の条件で折り合わなかったらしい。こちらも可能性は低い。

追記

ジーコ監督後任にオシム氏と交渉 川淵会長明かす

第一候補はオシム氏ですか。あとはジェフと本人の意向次第ということなんで、条件面では協会は最大限の譲歩をお願いしたい。当分はジェフとの兼任も構わないと思う。
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

スポーツナビコラム私的リンク集

野洲高校、山本佳司監督インタビュー 第1回

野洲高校、山本佳司監督インタビュー 第2回

野洲高校、山本佳司監督インタビュー 第3回

オランダサッカー、5つのエッセンス

マジョルカで戦う、もう一人の日本人

クライフェルトにはなぜ決定力が無いのか?

勝つための論理とは何か? ボール支配と勝利の確率

“フットボール・アレグレ 楽しいサッカー”とは何か?

ロナウドはトーレスよりも上か?

ラウル、ロナウド論争を読み解く
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

ブラジル戦について

この4年間が反映した妥当な結果になった。

やはり、ブラジル相手に2点差で勝たなければならない状況になったことが厳しかった。前半は少ないチャンスで得点もしてピンチも防ぎ理想の展開であったが、ロスタイムの失点からブラジルの個人技の前にラインがべた引きになって、完全にブラジルの攻撃練習となった。日本は組織を作らないチームつくりをしてきたが、ブラジルレベルのテクニックと個人戦術力が無ければ機能しないということをこの試合でまざまざと見せ付けられた。

試合後に中田がずっとピッチの上で倒れていて、中村が涙目でインタビューに答えているのを見ると本当に悔しい。4年前にトルコ戦が終わった後とはまったく違う悔しさだ。あのときは、このメンバーが4年後に成長し、さらに良い結果を得てくれるという予感があったからで、今は未来へのヴィジョンがまったく見えない。日本の歴史でもっとも可能性のあったシドニー世代のピークとなるこの大会をこんな結果で終わることが返す返すも残念だ。

ジーコを監督に選んだ川淵と田嶋は即刻辞めて欲しい。長沼さんや岡野さんのときは悪い結果ではなかったと思うが、それでも辞めてきたのだから。そして、後任人事には川淵は絶対に関わって欲しくない。日本代表の4年間を無駄にしたのだから当然だ。

今後の方向性としては、やはり攻守に組織的な連動性を持ったチームつくりが求められる。ブラジルはともかく、クロアチアやオーストラリア相手でも一対一で負けてしまうのだから当然だ。特に日本の強みである中盤を活かせるような戦術をとるべきだ。そして、今後も主力の数人は海外でプレイすると思うので監督には東欧やアフリカで指示をしたことがある人物がいいだろう。そう考えるとやはりジェフのオシム監督がもっとも適任であると思う。

中田はこれで代表引退だという噂もあるが、これからも代表でプレイし続けて欲しい。カズや中山がチームを精神的に引っ張ったように中田もそういう役割を担っていくことが必要だと思う。

追記。

日本惨敗! 川淵辞めろ…神様にすべてを丸投げ
ブラジル戦後、川淵キャプテンは「会長を辞めるつもりはない」と断言。



吐き気をもよおす『邪悪』とはッ なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ……!! 
自分の利益だけのために利用する事だ… 
会長がなにも知らぬ『サポーター』を!! てめーだけの都合でッ! 
ゆるさねえッ! 
あんたは今 再び オレの心を『裏切った』ッ!
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |

お金で買えない価値がある

Japan boss angry at match timings

"It's a crime that we had to play in this heat again," said the Brazilian.
"Our last game was at 3pm too but they want to do it that way for television. I guess business is business."


ジーコの「テレビ局がそれを望んでいる以上仕方がない」発言の意味は?

ワールドカップ、クロアチア戦の直後の共同インタビューでジーコが、「2試合連続で炎天下での試合になったのは、日本にとっては厳しい条件となった。しかし、テレビがそれを望んでいる以上仕方がない。」と語っていましたが、なぜか日本の通訳(テレビ朝日)はその部分だけ訳しませんでした。


2006年ドイツ・ワールドカップ本大会スケジュール

12) 2006年06月12日(月)15時 F組: オーストラリア(F3) 3 - 1 日本(F4) (カイザースラウテルン)

10) 2006年06月12日(月)18時 E組: 米国(E3) 0 - 3 チェコ共和国(E4) (ゲルゼンキルヒェン)

09) 2006年06月12日(月)21時 E組: イタリア(E1) 2 - 0 ガーナ(E2) (ハノーファー)


14) 2006年06月13日(火)15時 G組: 韓国(G3) 2 - 1 トーゴ(G4) (フランクフルト)

13) 2006年06月13日(火)18時 G組: フランス(G1) 0 - 0 スイス(G2) (シュツットガルト)

11) 2006年06月13日(火)21時 F組: ブラジル(F1) 1 - 0 クロアチア(F2) (ベルリン)
28) 2006年06月18日(日)15時 F組: 日本(F4) - クロアチア(F2) (ニュルンベルク)

27) 2006年06月18日(日)18時 F組: ブラジル(F1) - オーストラリア(F3) (ミュンヘン)

29) 2006年06月18日(日)21時 G組: フランス(G1) - 韓国(G3) (ライプツィヒ)

確かに暑さが日本代表のベースである運動量に対してマイナスに働いたのは間違いないが、同じような気候で戦った98年のチームはもっと走っていたような印象がある。それでも、最後まで金のことしか頭に無い協会、放送権を高く売るために工作する電通、それに追随するTV局、こういった腐った体質を変えないことには本当に日本代表が強くなる日は来ないのではないか、とも思うわけで・・・
soccer | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
SEARCH THIS SITE


「アオイシロ」応援バナー